岡井ちゃんのヤンタンが楽しみですかなぁ? ~ヤンタンにおけるアイドルの考察~

今は、聴いているラジオ番組が明石家さんま師匠の“ヤングタウン土曜日”だけとなったのですが、女性陣は“モーニング娘。”のお二人(飯窪春菜・工藤遥)の他に、アップフロント所属アイドル・タレントから1人がプラスされる構成となっておりまして。 まぁ、他の事をしながら聞き流しのような感じで聞いているのですが、でもこのアップフロントから出されるタレントが誰によるかで、おもしろみが変わって耳の傾け度が変わったりします。 ラジオだと大きい声で、おもしろくもないのに誰かにかぶって話すパーソナリティーだと聞き苦しいだけやし・・・。 でも、逆にどんくさくてかぶる娘はおもしろかったりするのですが・・・、そう考えると私のさじ加減で聞き苦しいかどうかな気がしますなw そんな中、岡井千聖ちゃんが出る回は、毎回おもしろいなと思い聴いておりました。 キャラクターが好いのでしょうな。けっこう他のアップフロントのメンバーが憧れたりしている。 それで、ふとテレビをつけると、けっこう岡井千聖ちゃんが出ていたりして、「おっ?出だしたやん!」という感じで、ちょっと前から見ております。 “ヤングタウン土曜日”は、ラジオという事もあり、比較的ぶっちゃけてトークをしてくれているので、おもろい(^-^) でも、おもろいだけでなく、明石家さんま師匠の言葉で考えさせるところが多くあり、特に2015年の鞘師里保の卒業までの放送は感慨深く、飯窪春菜が鞘師里保の最後の放送時に、放送の終わりにさんま師匠から最後…

続きを読む

BABYMETAL ~KARATE~ 思う事

2nd アルバム発売に向けて、先行で“KARTE”が YouTube で発表になりましたね。 この記事を書いている 2016/03/21 8:00 現在で再生数 1,140,138 高く評価 46,041 低く評価 1,086 です。 私自身はまだこの時点で30回くらいしか再生していませんw いやぁ、このMVはシックでかっこよくてかわいいですね。 確か、世界的には原宿系のパステルカラー調の明るいファッションがかわいいとされているのに、それに反しての黒基調なのにかわいさは飛び抜けているし。 確かに、日本の女性メインのかっこよさを前面に出そうとしているバンドのMVは黒基調のが多いと思いますが、それとも何か違う気がします。 しかし、このMVが心に響かない人もいるでしょうね。 かく言う私も、ファーストCDが出る直前までは、そうでした。 過去記事にその事書いています(BABYMETAL) そんな人からすれば「KARATEって、ネーミングが海外意識し過ぎ。」「出てる子らが黒髪で海外受け狙い過ぎ。」って、ところでしょうか? それで、評論家ぶって飲み屋なんかでさっきのような事を言う。あっ!かつての私ですねw でも、そう思っている人がいれば損ですよ。 【早期購入特典あり】METAL RESISTANCE(EU盤)(防水カラーステッカー Toy's Factory 輸入盤ver.)earMUSIC 2016-04-01 BABYMETAL Ama…

続きを読む

BABYMETAL:海外ツアーの楽しみ ~46歳のおっさんが語ります~

さて、4月に入ると怒涛のBABYMETALのターンが始まりますね。 実に楽しみです。 私にとっては、もうほんと何もかもが完璧と思えるくらい“BABYMETAL”は素晴らしいです。 国内外かかわらずフェスに出た時の、あの何もかもを取り込んでいくような映像。 単独のライブももちろん言う事ない。 なかでも私が海外ツアーの映像を見て楽しみにしているのが、海外版の紙芝居。 (便宜上、紙芝居としますが、海外の場合は紙芝居と言うよりBABYMETAL世界観補足映像ですかね。) 特に2014年の“Road of Resistance”の発表直前の紙芝居は、心揺さぶられるものがありました。 Live in London [Blu-ray] [Import]Earmusic 2015-10-30 Babymetal Amazonアソシエイト by ※リージョンフリー(全世界共通)やし、日本版よりめちゃ安いですね。これが世界基準なんですかね? ネットワークやSNS等の発展で、情報を共有し色々なものを楽しめるようになった。 私が、この記事を書いているのも、ファンカムが存在するから書けているのですが、でも両手を上げてスマホを掲げて動画を撮っている姿は少し残念なような気がするんですよね。 撮るのが楽しいのか、その場を楽しむのかどれが正解なんでしょうね? まぁ、それを見事に代弁してくれているのが、この時の紙芝居でした。 どうも現地では、この紙芝居…

続きを読む

ドラゴンクエストについて ~46歳のおっさんが語ります~

46歳にもなると歴代のドラゴンクエストをリアルタイムで流行ってきているのを見ていて、「主人公(ヒーロー像)のあり方も変わってきているなぁ。」と、思ったりしています。 私の家にはファミコンがなかったため、初代のドラクエは親戚の家に行って、ファミコンを借りてやっていました。 現在は、昨年末に安く買えたニンテンドー3DSで、リニューアルDQ8を楽しんでおり、ちょうどこの記事を書く一時間くらい前に“ラプソーン”までクリアしたところです。 ちなみに今回のバージョンはモリーが仲間になった後は、意外に楽勝? で、気になったのが 今見返すと、どう見ても“某戦場カメラマン”にしか見えない。 さて、話をもとに戻して、初代DQが流行った当時は、「ロールプレイングゲームって何?」「何?この数字?」って感じで本で存在を知った時に「なんでこれがおもしろいん?」と言うのが、第一印象でしたね。 でも、実際にやって見るとなぜか異常におもしろかった。 今、思えばあのドット画を脳内で3Dに変換していたんでしょうね。 あの頃の勇者は最強の“剣”“よろい”“かぶと”をそろえて、大魔王と戦う。 このシチュエーションが良かった。 復活の呪文をメモに取るのは、間違えたら終わりだったんで、恐ろしかったけどw そして、月日は流れて、ゲーム機は変わるもののシリーズは出続けて、私もおっさんになり、ニンテンドーDSでDQ9をしていた時に、ふと思いました。 「主人公の自由…

続きを読む

藤子・F・不二雄が描くスーパーマン ~中年スーパーマン左江内氏~

このブログで“藤子・F・不二雄のこわいマンガ”という題名で作成した記事がありますが、“ウルトラ・スーパー・デラックスマン”のように、藤子・F・不二雄のマンガにはスーパーマンが題材のものがけっこうあります。 そして、その“スーパーマン”になる人物の性格等が毎回違うんです。 “スーパーマン”に関しての考えを何か残されているかとWebで記事等を探してみましたが、残されていないようので、勝手な私の想像ですが、藤子・F・不二雄は、けっこうな頻度で“スーパーマン”になりうる人物の性格はどういう人が良いのかを考えていたのではないのかなと思います。 先にも述べた“ウルトラ・スーパー・デラックスマン”(関連記事:藤子・F・不二雄のこわいマンガ ~ウルトラ・スーパー・デラックスマン~)、他にも“わが子・スーパーマン”や、ポピュラーなものでは“パーマン”。 そして、今回記事にする“中年スーパーマン左江内氏”とスーパーマン関連の作品があります。 多分、この“中年スーパーマン左江内氏”が、藤子・F・不二雄のひとつの答えだったのかなと思います。 “わが子・スーパーマン”は、見た目でしか正義が判断できない幼い子が、スーパーマンの力を持ってしまったが故の過ちを書いた作品で、“パーマン”は子供だから悪い事は考えないという観点から描かれている。 そして、“ウルトラ・スーパー・デラックスマン”は卑屈な精神を持った人物がスーパーマンの力を持ってしまったらどうなるかが描かれていて、“中…

続きを読む

ヤングタウン土曜日 ~明石家さんま師匠のラジオ・ラジオの話~

再度、明石家さんま師匠(人生の師と思っているので勝手に師匠を付けます)の“ヤングタウン”を聞き出したのは、2000年頃なので、もうすぐ16年くらいとなります。 当時は、“ヤングタウン”がまだやっているとは知らず、ふと「昔、やっていた“ヤングタウン”よく聴いてておもしろかったな~。」と思い、まだやっているんやろか?」と、ネットで探すとやっていた。 しかも、私は“ヤングタウン”の月曜日は、よく聞いていて笑い転げていたが、さんま師匠が結婚してからはおもしろくなくなって聴かなくなった。 でも、何かでたまたまテレビで師匠を見た時、「また、おもしろくなってるやん。」と思って、ラジオは何かしているのかな?というような事から、この記事の出だしのような“ヤンタン”を探す動機となった。 今では、“ヤンタン月曜日”を思いだし、私のフェイスブックの『宗教』の欄には“サンタサマンサ教”としている。 あ~っ、当時はびわりんの“ぷんぷん匂い付きティッシュ”とか、あったな~っ。今のヤンタンのアシスタントでこんなんプレゼントしていたら、モー娘ファンが卒倒すりやろうなww しかし、この今のヤンタンを聞くと、勉強になる。「何が?」と聞かれると具体的な返答は困るが、そこかしこにちりばめられた師匠の人生哲学がなんとなく入ってくるんです。 そして、このラジオを聴いていると、“モーニング娘。”の芸能界の立ち位置もなんとなく判る気がする。 別にファンではないが、このラジオを聴いていると…

続きを読む

ウェブリブログに広告を貼り付ける場合 ~運営規約等を見ました~

このブログは、ご覧のように“Google AdSense”と“Amazon アソシエイト”をしています。 これらの広告を貼り付けて、気になる点と気付いた点をせん越ながら書いていこうと思います。 記事の内容は、私が“Google AdSense”“Amazon アソシエイト”の運営規約・利用規約等を読んで、私と言うフィルターを通して書いているものです。 ネット上で、特に“Google AdSense”に関しては、私の感覚としましては、「なんか怪しいな?」と思う書き方をしているのが多かったので、そんな情報にとらわれず、『各規約にはどう書いているのか知りたい』と思うところから書いています。 特にウェブリブログで広告を貼り付けたいと思っている方の参考になれば幸いです。 この記事は ・“Google AdSense”と“Amazon アソシエイト”に申請し合格 ・ウェブリブログの“プレミアムオプション”を利用し、ウェブリブログ側の広告を非表示にしている 事を前提として書いていきます。 ちなみに、このブログは何より大切なアクセス数もめちゃくちゃ多いと言う訳でもなく、広告で収益があるわけではないので、それをご理解の上ご覧ください。 広告表示上の注意点 Google AdSenseの場合 色々と参考になるブログを拝見していたのですが、『スポンサーリンク』もしくは『広告』の表記が必須のように書かれているものを見ました。 それで、Google AdSens…

続きを読む

リング・らせん・ループ ~必ず3部作順番通りに~

いつもいくバーのマスターと小説の話になり、『リング』『らせん』『ループ』と読み進めると、『ループ』の話がSFになり、おもしろいとの事を教えてもらい、読んだのがこの作品群です。 外伝になる『バースデイ』も購入し、楽しんで読みました。 『リング』『らせん』と聞くとホラーの代名詞と思っていたので、私自身も『リング』をDVDで見て怖かったなと言うイメージで、続く『らせん』『ループ』も同じように怖いのだろうという認識程度で、小説を読むわけでもなく、そのままにしていました。 でも、バーのマスターの言葉につられて、3冊目の『ループ』を読みたいために『リング』『らせん』を読むと、この2冊はきっちりと怖いし、たどり着いた3冊目の『ループ』を読むと感心しました。 リング<「リング」シリーズ> (角川ホラー文庫)KADOKAWA / 角川書店 2013-08-01 鈴木 光司 Amazonアソシエイト by ※Kindleでも売っていたので広告を貼っていますが、ブックオフのほうが安いと思います。 ただひとつ、読んでいて引っかかったのが『ループ』の主人公でして、話の途中まで頭の中で描いていた主人公のイメージは“向井理”風な男だったので「え~っ」て思ってしまいまして。 多分、読まれた方なら判ると思いますがw そこから、イメージを変更し、今の役者で考えるなら、体型重視なら“濱田岳”で、背の高さを無視すれば“鈴木亮平”と言うところかなと思って、イメージを変更して…

続きを読む

ウェブリブログを使用していての感想 ~良い点・悪い点~

ウェブリブログでブログ記事を書きだして半年以上経ち、広告の表示を含むブログのデザインのあり方やユーザーはどのようにブログを見ているかを独自で考え、ブログもそれなりに形になってきたかなと思う(もう、自己満足の世界ですなw)私が、「どこのブログを使おうか?」と考えている方の参考になればと思い、このブログを載せている“ウェブリブログ”に関して、現時点の感想を書きたいと思います。 私の使用感を結論から言えば、妥協しないといけない点はありますが、そう問題はなく、楽に記事を作成できブログを楽しめています。 以下に、気になる点等を少し掘り下げて書いていきたいと思います。 話をする前提としまして、私の環境は ・プロバイダーは“BIGLOBE”。 ・ブログはこれが初めてなので、他社との比較は出来ません。 ・プレミアムオプションに入っている。  ※200円(税別)/月(登録初回月無料)  ※ウェブリブログ側所有の広告を非表示可  ※ブログ上での商用利用が可能  ※フリースペース拡張 ・Google AdSense、Amazonアフィリエイト申請合格済み。 ・記事数はこれを含み63本。 と、だいたいこんなところです。 後、始めた理由は、「なんとなく趣味の一つとして開始」というところでしょうか。 ブログを始めれば儲かるという幻想は抱いていませんw 使用していての感想 良い点 【始めやすい】 私の場合、前提にあるようにプロバイダーが“BIGLOB…

続きを読む

週刊少年サンデーがんばれ!

私は現在46歳で、未婚で子供もいないためか、未だに“少年サンデー”等のマンガを購入して、気兼ねなく読める環境にあるんです。 もう、“少年サンデー”は中1くらいから購入していて、購入するのが習慣化しているんです。 習慣化しているので、内容の変化などはあまり関係なく、“少年サンデー”内のもめ事が表面化しても影響されずに(それにしても編集と作者側でもめ過ぎ)ずっと読んでいたのですが、数年前から「今、あまりおもしろくないな。」と思っていたんですよ。 すると、去年あたりから、本屋やコンビニで“少年サンデー”を買おうと思うと、明らかに積まれている本の数が少なくなってきていて見るのが悲しかった。 他の“少年ジャンプ”や“少年マガジン”も、発行部数は少なくなったとはいえ、“少年サンデー”ほど、積まれている数が極端ではないんです。 素人目で見て、「もうこのまま終わるのかな?」とも思えるような状態だったんですよ。 でも、最近はおもしろくなってきたかなと思いますね。見た目の本の積まれている数はまだ変わらないですが。 作品の路線変更というわけでもないのでしょうが、編集側が変わって何か変わってきたんですかね? 今度の“西森博之”の新連載『柊様は自分を探している。』もおもしろかったですしね。 ちなみに、未だに手元にあるサンデーのマンガは、これです。 『道士郎でござる』は、おもしろかった。ただ、深くは詮索しませんが、最後が打ち切りのように終わったんですよね。 こ…

続きを読む

YouTubeで気付いた音楽 ~Platina Jazzなんかもオツです~

前の記事 ⇒YouTubeで音楽を楽しむ ~ミュージック インサイト - YouTube~ でも触れたのですが、私はYouTubeで音楽を楽しむ事が増えました。 理由は“映像”付きがおもしろい。自分が知らなかった事を気づかせてくれる。 以前から“GReeeeN”なんかは、もともと曲だけでも好きでしたが、映像とセットで聴くほうがよりおもしろいと思っていたので、DVD付きのCDを買っていました。 映像があるから魅力が倍増するものがあるなと感じていたのですが、ふとした事がきっかけで“きゃりーぱみゅぱみゅ”をYouTubeで検索したことから、より強く感じるようになりました。 これなんて、曲だけ聴いていても興味なんて湧きませんでした。 でも、このMVを見たことにより、衝撃を受け好きになりました。 個人的には「なんだこれくしょん」までが好きで、「なんだこれくしょん」は初回限定版を持っています。 他に映像があるからこそ、おもしろいと思うのが“水曜日のカンパネラ” ほんと、色々と見る(聴く)ようになりました。 そして、YouTubeをあさっているうちに色々とおもしろいものを見つけるようになりました。 海外ですが、“Platina Jazz”なんかおもしろい! 「外人さん、ここまで本格的にするか?」と、驚いてしまう! そして、もう一丁“Platina Jazz” 素晴らしすぎる。 これは『マクロスF』で私も知っていました…

続きを読む

YouTubeで音楽を楽しむ ~ミュージック インサイト - YouTube~

YouTubeだからこその音楽の楽しみ方があるなと思い、YouTubeで音楽を楽しむようになりました。 私の場合、きっかけは“きゃりーぱみゅぱみゅ”ですね。 何かで「“きゃりーぱみゅぱみゅ”が海外でも流行っている」と、聞いてから「なんで流行っているんやろう?」と探したのがきっかけでした。 そこには、オフィシャルのMV以外に海外のファンカムの存在が強烈である事を知りました。 日本では、コンサートを撮る事は、良心の呵責からなかなか出来ませんが、海外のファンカムの映像は明らかに強烈でした。 そして、今はよくブログで取り上げている“BABYMETAL”もそうですが、それ以外にも色々とYouTubeで楽しむようになりました。 “水曜日のカンパネラ”なんか、YouTubeで音楽を楽しむことをしていなければ、私の感性では絶対にたどり着けなかっただろうと思いますしね。 BabymetalImports 2015-06-09 Babymetal Amazonアソシエイト by ※Import版ならCD+DVD? さて、YouTubeで提供しているサービスに“Music Insights”というのがあるのですが、ご存知でしょうか? Music InsightsのURL: ⇒ https://www.youtube.com/yt/artists/ja/insights.html このサービスは、サイトの言葉を引用すると 『YouTube のミュー…

続きを読む

藤子・F・不二雄のこわいマンガ ~大予言~

私が、藤子・F・不二雄のマンガで一番こわいと思うのが「大予言」というマンガなんです。 たかが7ページのマンガなんです。 でも、一番印象に残っているんです。 私が所有する本だと『征地球論』に載っている。 今販売されている本だと SF・異色短編 4 (藤子・F・不二雄大全集)小学館 2012-07-25 藤子・F・不二雄 Amazonアソシエイト by か 気楽に殺ろうよ (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)小学館 藤子・F・不二雄 Amazonアソシエイト by 出来れば話を知った後に、このブログ記事を読んでほしいと思います。 だいぶ、ネタばれも書いてしまうし(7ページの作品をネタばれなしに書くのはむずかしい)、紹介した本は買って読んで損はないと思いますので。 ストーリーは、タロット占いがよく当たると評判な占い師がノイローゼにかかってしまい4~5年が経つ。 そして、その弟子の中に、第三者をトランス(催眠)状態にして、その第三者に予言をさせて的中させる能力を持っている者がいて、占い師のノイローゼの原因は 「未来の恐るべき何かを予知された。」 との事を聞き、師である占い師のもとを訪れる。 弟子は占い師に催眠術をかけて、その予知された恐ろしい予知を聞き出そうとする。 しかし、占い師は弟子に 「わしはなにも予知なんかせんぞ!!」 と言うので、弟子は 「じゃ、いったいなんですか!?先生がこわがって…

続きを読む

藤子・F・不二雄のこわいマンガ ~ミノタウロスの皿~

前回の記事に続いて、今回は「ミノタウロスの皿」について、思う事を書いてみたいと思います。 ※前回記事 ⇒藤子・F・不二雄のこわいマンガ ~ウルトラ・スーパー・デラックスマン~ さて、このマンガを今見て思う事は、「今これを、現在のマンガ家が書いて雑誌に載せたら、ネットでたたかれたやろうなぁ~っ。」です。 ストーリーは、宇宙飛行士の主人公が宇宙で遭難し、牛と人間の立場が入れ替わった星に不時着し、牛に喜んで身を捧げる人間を見てしまうという話なんです。 酷な事に、その星の人間はささやかながら文化を持ち、もちろん言葉も話している。 でも、牛が絶対君主である。 現実世界の牛と同じく、容姿がよくキズのないものが、その星の牛には喜ばれ、その事を身を捧げる立場の人間は知っている。 ちなみに、主人公は捕食される立場のその星の人間と姿は同じですが、地球から来た事を知り客として迎えられます。 そして、喜んで身を捧げようとしている美しい女性型人間を、主人公は助けようとするが、身を捧げる事が当たり前と思っている人間とは、話がかみ合わない。 ・・・けっこう、キテル内容です。 藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 1小学館 2011-10-25 藤子・F・ 不二雄 Amazonアソシエイト by ※ちなみに、「ミノタウロスの皿」は昭和44年(私が生まれた年)に発表 藤子・F・不二雄の画でなければ、成立しないほどグロな内容になりそうで・・・ もし、このマンガ…

続きを読む

藤子・F・不二雄のこわいマンガ ~ウルトラ・スーパー・デラックスマン~

私が小さい頃は、まさに藤子不二雄ブーム。 “オバQ”“ドラえもん”“パーマン”etc、てんとう虫コミックス をほんと揃えていました。 そして、私の中ではブームもとっくに去った二十歳頃、中央公論社から出ている『カンビュセスの籤』を見つけて購入しました。 これが、またこわい! 画的なこわさではなく、精神的にこわいのです。 いや、逆にあの画だからよけいにこわいのかもしれないですね。 後の2巻・3巻も続けて買ってしまいました。 今になって、改めて見るといろいろと感じるところがありますね。 今回は、その『カンビュセスの籤』の中にある『ウルトラ・スーパー・デラックスマン』を見て、今思った事を書いてみたいと思います。 SF・異色短編 4 (藤子・F・不二雄大全集)小学館 2012-07-25 藤子・F・不二雄 Amazonアソシエイト by ※今購入できるものでは、これに載っているようですね 藤子不二雄 SF前短編 3巻『征地球論』の初出版一覧で確認すると『ウルトラ・スーパー・デラックスマン』は昭和51年1月号の『SFマガジン』に載っていたとの事で、この時代によくこのニュアンスのマンガを書いておられるなと感心する。 当時のほうが不条理なストーリーのマンガは多かったのかもしれませんが、この話に限らず、“藤子・F・不二雄”のマンガはなんか違う妙な狂気を持っています。 さて、このマンガのストーリーは、いきなりスーパーマンのよう…

続きを読む

黒猫は縁起が良い ~黒い招き猫から考える~

今から、十数年前に誰にいただいたか忘れたが、家族が黒と白の招き猫をもらいました。 私の手元には、“黒の招き猫”がまわってきたんです。 当時、内心「え~っ、黒いのって縁起悪いんちゃうん?」と思って、調べると逆に縁起が良いものであると知りました。 当時「私が縁起が悪いんちゃうん?」と思ったのは欧米的な考え方で、日本的な考え方だと黒猫は『福猫』でした。 それから、つい最近まで埃をかぶった状態で置きっぱなしにしていたのですが、今はきれいにして机の上に置いています。 今、改めてWikiで“黒猫”を見てみると「近代以前の日本では「夜でも目が見える」等の理由から、「福猫」として魔除けや幸運、商売繁盛の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。」とあります。 ちなみに欧米では、「かつては不吉の象徴とする迷信があり、魔女狩り等によって黒猫が殺されることがあった。」とあります。 それと「黒猫が横切ると不幸になる。」は、フランスで、「ナポレオンが戦争に行く時に猫が横切り、その戦争は負けた。」と言う事かららしいです。 なので、私はナポレオンじゃなくて良かったと思いました。 まったく、人間の解釈で“良い”“悪い”が決められるとは、猫にとってはいい迷惑やし。命まで取られる事があるとは、ばかげています。 なかなか、人というのはこういった呪縛から離れられないものですね。 ちなみに、このブログを見られた方はBLACK BABYMETALの“4の歌”を…

続きを読む

BABYMETAL ~地上波の影響~

2014/12/22に地上波のNHKで “BABYMETAL現象 ~世界が熱狂する理由~”が流れて、それからしばらくネットを見ていると、「初めてBABYMETALを見てハマった!」と書いている人が増えていったのを覚えている。 放送局がNHKと言う事からか、その頃からオッサンの感想が一段と増えていったように思うw この現象を見ていて地上波のパワーはまだまだ健在なのかと思った。 特にBABYMETALの場合は、何か刺激があればYOUTUBEのギミチョコの再生回数が増える。コメントが増える。 さっきのは日本の話だが、去年ギミチョコの再生回数が300万回くらいの頃、急に再生回数が加速しだした。英語コメントを見ていると「Fine Brothersが導いてくれた。」とのコメントが多くあった。 調べてみるとYOUTUBE番組で取り上げていて、たったひとつの番組でも、ものによっては影響ってあるのだなと、その時感心した。 そして、本日も“Mステ”に出る。地上波に乗る。 今回1本丸々BABYMETALの番組ではないが、これがきっかけでハマる人が増えるのだろうか?と言うより、間違いなく増えるw それぐらいのインパクトはある! ギミチョコの再生回数もまたブースト加速がつくだろうw ※ちなみに2015/12/25 18:13時点で再生回数 38,375,448 私と同じように、「今までアイドルにハマった事がないのにハマった?」という人が増え、…

続きを読む

電車で気を使わずに座るには ~座席を心理と動線から考える~

電車に乗った時、どの場所に座りますか? 私は、座席をゆずる必要がない位置に座るようにしています。 今からする話は、たいてい人に話すと感心される内容なんですww と言う事で、ひとりごとにお付き合いください。 さて、私は仕事柄か人の“動線”を気にするようになりました。 例えば、病院内で患者さんや色々な人の動線等を考えると、エレベーターが来るのをどの位置に立って待てば、良いのかといった事です。 患者さんがエレベーターから出てくる事だけを考えれば、少し扉から離れた場所ですが、離れて立ちすぎると後ろを通る人達の邪魔になるのでそれも考慮に入れて立たなければならないといった具合です。 さて、電車の場合に乗客の事を考えると どんな心理が働き、どんな動線があるでしょうか? そもそも、私は席を譲らないといけない人が近辺にいる場合に席を譲ります。 席を譲らないといけない人を定義づけると “お年寄り” “健康を害している人” “妊婦さん” と言ったところでしょうか? この方々、電車に乗った時にすでに降りる時の事を考えていると言ってもいいと思います。 つまり 「降りやすい位置にいたい」 と言う心理が働いているでしょう。 だから、「入口のそばにいたい。」と思っているのではないでしょうか? 自分に置き換えて考えると、風邪や二日酔いの時に電車に乗る際、わざわざ奥の方に行きますか? すぐに降りれるところにいませんか? そう考える…

続きを読む

見やすいブログ ~目にやさしい色・なぜかブルーライトの話も~

このブログをやり出して、見やすいブログを心がけて色々な変更を行ってきましたが、当初から色もこだわっていました。 ポピュラーな色合いは、白地に黒文字だと思います。と言うかそうですよね。 でも、白地に黒文字って長時間見ていると目が疲れるんです。 そうそう、昔、文具屋に勤めていた時にそこではオフィス家具も取り扱っていました。 当時は、グレーっぽい色のオフィス家具や間仕切りに変わっていく時で、その前は白が基本だったんです。 どうしてグレー系の色に移行していったかというと、目が疲れるからなんだと教えてもらいました。 それに真っ白は精神に悪影響を及ぼすようです。 さて、私のブログの話ですが、そう言った事でバックを白にするのはやめようと考え、「バックはグレーが、やはり目は疲れないかな?」と思い、ウェブリブログのテンプレートで探し始めました。 最初は“フォト”の“時計”を選んだのですが、これって全体はグレーっぽいけど、肝心の文面のバックが白だったのでやめました。 で、“テクスチャ”の“スチール”に落ち着きました。 ※PC画面のみ設定しています。スマホの場合はバックが白です。 なんか、このメタル感もかっこええし。 色々と、自分好みでCSSをいじりウェブリブログのデフォルトとは違ったものになってきていますが、デフォルトでいいものは利用しないとね。 そうそう、ウェブリブログの横幅を 1024ピクセル に変更した事で、ひとつデザイン…

続きを読む

見やすいブログ ~テキストの改行・画像等を横並び~

前回の記事、見やすいブログ ~ウェブリブログのサイドバーに写真・画像を表示~の続きです。 今回は下のサンプルの写真横のテキスト類作成方法と、写真とテキスト類を横並びにする方法です。 横並びにする方法を流用すれば、複数枚の写真を横並びにする事も出来ます。 サンプル: 文字にURLを埋め込む: -------------------- <a href="トップページのURL">気になる…</a> -------------------- 赤文字にブログトップページのURL(あくまで私のブログをサンプルにしているのでトップページのURLですが、任意のURLを入れてください)、青文字に表示させたい文字を入れてください。 これで文字にURLが埋め込まれます。 文字を任意の位置で改行: 私は -------------------- <p> 文字 </p>ここで改行される -------------------- のやり方が簡単と思いしています。 サンプルの内容ならば -------------------- <p>←</p> <p>彼は日夜世界平和を考えています</p> <p>…私もいっしょに</p> -------------------- となっています。 他にも“範囲を指定して何文字で改行する”という方…

続きを読む

ボジョレーヌーボー解禁をうだうだ考える ~意外な事実~

ボジョレーヌーボーの記事を書くにあたって、発音を軽く調べてみた。 ボジョレーヌーボー?ボージョレーヌーボー?いや、辞書の発音記号で見るとボジョレヌボらしい、でも読み方にこだわりはないらしい。 さて、ボジョレーヌーボーは、日付変更線の関係でフランスより日本の方が早く解禁する。 年々、昔ほどの盛り上がりはなくなったかなと思う。 しかし、初もの好きの日本人は今後も変わらず続けて飲むべきなのかも 日本で、初もので思い浮かぶものとしては“初ガツオ”があるが、味に関して言えばボジョレーヌーボーと微妙に違うと思う。 “初ガツオ”はさっぱりした味。“戻りガツオ”は脂がのった味。どちらもそれぞれおいしさがある。 一方、ボジョレーヌーボーの味は、作り方を知ればどんなものか想像できると思う。 そもそも、「ワインは熟成させるとおいしい」となんとなく聞きかじったことがあると思うが、ボジョレーヌーボーは熟成期間も短く、飲みごろの期間も短い。 熟成期間が短い“早飲みワイン”と言われるものよりもっと短い。 まずいという訳ではないが、味を求めるならどうなんでしょうと思う作り方と思う。そもそも、その年のブドウの出来をみるもののはずなので、初ものを粋に飲むという観点で考えればありでしょうけど。 且つ、日本に輸入して飲むのはどうなんでしょう? 地酒は現地で飲むのがうまいと聞く。理由は揺らさない方がおいしいかららしい。 でも、それは判る気がする。やっぱ現地で飲むとうまい。ワ…

続きを読む

ワインはロックでいただいています

私はよくバーに行くが、バーでワインを頼む時はだいたいロックでいただいている。 なじみのバーであっても、「ワインをロックで」と最初お願いするのに、気が引けたが、マスターに聞くとたまにロックで頼む人がいるとの事だった。 それ以来、たいていロックで頼むようになり、ワインを頼むとマスターが「ロックですね」と聞くくらいになった。 ここで問題だが、ワインに氷を入れて飲む方が私は好きなのだが、これはルールに反しているのだろうか? ワインはけっこう飲み方にルールがありそうだから、ちょっとドキドキする。 この事はインターネットで調べれば答えが出てきそうだが、あえて調べない。 だって、答えを知ってしまっては、うだうだとバーでしゃべれないようになってしまうので、誰かに教えてもらうまでは楽しみにとっておこうと思う。 だいたい、私が飲むワインはチリかイタリアの手軽なものを頼んでいる。 銘柄はあまり覚えていないww たいてい、「あの自転車のラベルのやつ」とかと言う風な頼み方なのでw コノスル シラー ヴァラエタル 750mlスマイル Amazonアソシエイト by でも、これがバーで頼む楽しみとも考えている。 さて、ワインをロックで飲む話だが、どれくらいの人がこの飲み方をするんでしょう?けっこう多いんかなぁ~? ちなみに、サントリーから紙パックに入ったオンザロック専用ワインがあるらしいので、貼ってみる。 カルロ ロッシ フルーティ …

続きを読む

周辺機器はI・O DATAでかためています ~エコ番人~

タイトル通り、私は使用する周辺機器をアイ・オー・データでかためています。 地味に “エコ番人”が優秀なんですよ。 管理出来るのは【液晶ディスプレイ】【HDD】【BD/DVD/CD】 全て何秒後にOFFとかのような数値管理ではなく、葉っぱ何枚でアバウトに管理するソフトなのですが機能は充分です。 それと、外付けのポータブルHDDも対象なのが個人的にすごくうれしいです。 特に私はPC使用時の静音性を求めているので、ポータブルHDDにアクセスがないと回転OFFになる機能はイケています(^-^) ※HDDの静音性のこだわり記事を書いています→ノートPCのHDDは静音性重視にしています エコ番人の機能は 【液晶ディスプレイ】 使用していない状態で時間が経てば画面が暗く 【HDD】 アクセスなければ回転が停止 【BD/DVD/CD】 回転数を制御(DVDを見ていてハードの音が気になる時は回転数を落とす事が可能) HDDの回転を停止させて、必用な時に回転させるのは多少危険な気もしますが、今までそれによる不具合は起きていません。 昔、私はバッファローの外付けHDDを使用していたんです。 理由は、その頃、HDDの省電力設定ユーティリティーソフトがバッファローにしかなかったからなんです。 それでバッファローのHDDだったんですが、いつの頃からかバッファローの外付けHDDには電源ボタンが消えてしまったんです。 で、その頃になるとアイ・オー・データに…

続きを読む

BABYMETAL ~あわだまフィーバー~ 思う事

初めて、『あわだまフィーバー』を最後まで聴いたとき、何となく小さい頃の遠足の帰り道や夏祭りの後のような物悲しさを感じてしまったんです。 最後の“あ~わ~、ドリーマ~♪”って、“うたかたの夢”なのかなと私の脳内で変換されてしまったので。 この曲は“ギミチョコ!!- Gimme chocolate!!”を作ったのと同じ人が作られたとのことで、発想がすごいなと思います。 勝手な解釈ですごいなと思っているだけなんですけど・・・、いやっやっぱすごいw で、どちらの曲も言葉遊びと言うか、文化・歴史の遊びというような感覚があると言うか・・・、私が思っている事うまく表現できませんが・・・ 狙ってやったかどうか判りませんが、海外でおそらく一番認知されているBABYMETALの曲が「ギブミーチョコレート」と思うんです。それは戦後すぐの日本を象徴する言葉の一つな訳で、それで日本以外でも盛り上がるって・・・ 狙って盛り上がれるものではないですが、明らかに海外進出のタイミングで出てきた曲ですよね。 今度の「うたかたの夢」ってのも、すごく日本的な発想なんだと思うんです。同じ夢でも「アメリカンドリーム」と言うものではなく。 曲で、そういうニュアンスを楽しんでいるような感じがするんです。 で、この曲の最後を“うたかたの夢”と解釈してしまうと、SU-METAL様が前に何かのインタビューで 「全て夢だと言われたらそれで納得できちゃうんですよ。」「だからもし『ここ…

続きを読む

初音ミクを嫌いな方へ ~初音ミクへの考え方が変わった話~

初音ミクって何となく嫌いな人っているんじゃないでしょうか? 私も何となく、人が歌っていなくて ・虚しい ・血が通っていない歌って… 「いやだなぁ位」に思っていましたが、今に至るストーリーを知ると実に“内容のつまった”“血の通った”ものであると感動してしまいました。 それは、あるテレビで駆け足的にナレーションで話していたので、何のテレビか忘れちゃいましたが、今に至るまでの状況を客観的に話していました。 その時の内容はうろ覚えですが、web上の資料をもとに補完し書いていきたいと思います。 ・ボーカロイドソフトがパッケージ化され産声を上げた ・やがて、日本で“初音ミク”が販売される ・このソフトのパッケージに“初音ミク”が描かれる ・やがて、YouTube上に“初音ミク”で作詞し作曲された曲がアップされ始める ・それを見ていた職人気質の人達が、これにパッケージのキャラがあった方が面白いのでは  ないかと気づく ・そして、この絵が動けば面白いのではないかと他の職人が気づく ・いろいろな人たちの思いがミックスされ、過熱化していき現在に至る つまり、実に日本的と言うかなんというか、足りないものを補完し合う事で、今まで世の中になかったものを作ってしまったのだ。 テレビでは演出なのかなんなのか、よくオタクとセットみたいな感じに仕上がっているが、“初音ミク”の本質は人の繋がりで出来た実にすばらしいものだ。 しかも、…

続きを読む

見やすいブログ ~CSS フォント一括変更~

前に、見やすいブログ ~見た目は大事~という記事で、本文記事のフォントの変更方法を紹介させて頂き、プロフィールとかも同じように変更をしていました。 でも、個別にフォントを指定していくと「あれっ?ここ出来ていない?」という箇所も出てきて、CSS設定に慣れていない私としては簡単な方法がないものかなと模索しておりました。 するとCSSも“*”が使えるんですね。 “*(半角アスタリスク)”はワイルドカード。どんな文字にもどんな文字数にもなれるんです。 だから、 * { font-family:"メイリオ",Meiryo; } とCSSに付け加えれば、ブログ内のフォントを一括指定できるんですね。 それと私のブログでは、これにフォントの第2候補をプラス(もし、フォント“メイリオ”が入っていない場合に第2候補のフォントで表示させる)して、以下のようにしました。 * { font-family:"メイリオ","Meiryo","ヒラギノ角ゴ Pro W3","Hiragino Kaku Gothic Pro"; } これを(ウェブリブログ)CSSの出だしの部分に入れて、以下のようにしています。 /*----------------------------------------------*/ /* 共通スタイル */ /* (トップ、月別、テーマ別、記事ページ共通) *…

続きを読む

イボ治療 ~最終章~

前回記事(イボ治療 ~様々な治療法~)で補足したかった事について書いてみたいと思います。 “木酢液”“竹酢液”について、色々と調べていくと、タールを気にする人であれば、木酢液より竹酢液の方が良いように思えました。 あと、安心できる要素としては、木酢液は原料が『広葉樹や針葉樹』となっているのに対して、『竹』(厳密に言うと竹にも種類はありますが)となっています。 原材料が「何やねん?」と言う疑問が竹酢液の場合はありません。 但し、出所がはっきりしているメーカーであれば、心配する事はないと思います。 制作過程をしっかりとホームページにあげているメーカーもありますので、そういったメーカーは安心できると思います。 参考として 高級竹酢液 320ml日本漢方研究所 2013-09-16 Amazonアソシエイト by 貼り付けておきます。竹酢液の方が、原材料に対して採取できる量が少なくなるので、割高になりますが、この量と価格なら試しやすいと思います。 このメーカーのホームページは木酢液・竹酢液の記述を色々とされています。 ホームページを確認してもらいたいと言うのもあり、この商品を貼り付けています。参考に留めておいてください。 ちなみに、私はこのメーカーの木酢液を使用しました。 (あくまで自己判断で使用していて、“イボに効く”というメーカーの記載は一切ありませんので、ご注意ください。) 後、原液で木酢液を使用して思った事ですが、やはり健常な肌も傷むよう…

続きを読む

犬のしっぽに筋肉痛はある?ない?

いえね、前からね、疑問だったんですよ。 このブログのプロフィールでも、彼の写真(右上の“プロフ”クリックで見れます)を使わせてもらっているんですがね。 彼はよく尻尾を振るんです。犬だから仕方ないんですが。 それで、前から気になっている事が 尻尾は筋肉痛にならないのかと… まず、犬の筋肉痛はあるか?ないか?ネット上で調べると、迷いなく、『ある』と書いている人もいるし、『ない』と書いている人もいるし、どっちやろって感じなんです? 数的には『ある』が多いですね。 で、『ある』のか『ない』のか、明確な回答がないものかと思ったのです。 ネットで探る為にどんなワードで探そうと考えていたら、そもそも筋肉痛になる“意味”って、何やろうと思いまして。 つまり、身体が痛い → 無理が出来ない → その間に治癒される というような意味があるのかと、探したのですが、私が検索をするのがへたなのか、意味に関しての、しっかりと裏付けされた記述を見つけられませんでした。 原因は出るんですよ。例えば、運動を続ける → 乳酸が溜まる → 筋肉痛になる と言うような・・・ あっ、最近は筋肉痛と乳酸との関係性はなく、乳酸は疲労を軽減させる物質と言う説になってきているみたいですね。 話を戻しますが、人間が筋肉痛になる意味が判れば、それが他の動物にも当てはまる事なのかを考えて、仮説が唱えられるかと思ったんですけどね。 もう、これ…

続きを読む

ルパン三世はカタメで(なぜ立体的・3Dに) ~裏設定はおもしろい~

2015年10月2日から日本でルパン三世シーズン4の放映が開始されましたね。 今回の舞台はイタリア。 さぞかし“FIAT500D”もお喜びでしょうw タイトルにあるカタメですが、片目の事です。 ルパン三世のオープニングを片目で見られましたか? この話、知っていましたか? ・・・申し訳ない。知っていましたか。情報遅かったですねwww 黒枠をキャラクターと一緒の画面に出して、要所要所で黒枠の上にキャラクターの画をはみ出るように重ねる。 これをするだけで、あんなに飛び出すとは、よく考えている! よく見ると、一番前にある黒枠以外にも、黒い枠上の背景もちりばめられていて、より立体効果を出せているんでしょうね。 そして、両目で見れば「これは平面な画である。」と認識できるのに、片目で見ればその人間の目の補正能力が落ちて、よりいっそう立体的に見えるのでしょう。 ※あくまで、素人の推測です。 今度のルパンはハードボイルド感がちりばめられていて良いですね。 ↑ あっ、これもこの記事のタイトルにかけています。 昔、ルパン三世の設定本なるものが売っていました。立ち読みだけしたのですが、買っておけばよかったと後悔しています。 本の名前さえ覚えていません。それぐらいはるか昔です。 その設定本に書いていあった事で、今でも覚えている事があります。 このアニメの企画からして、反骨精神の塊りであったと。 まず、アニメは子…

続きを読む

見やすいブログ ~フォントの話~

今回はフォントについて書きたいと思います。 今見て頂いているブログのフォントは“メイリオ”を使用しています。 とは言っても 比較するものがないと、どう違うのか判らないと思い、以下の簡単な資料を作成しました。 ※画像クリックで拡大 1.は、エクセルの標準フォントです。ウェブリブログもゴシックですね。 2.は、ワードの標準フォントです。 3.は、Vista時に開発されたもので、このブログでも採用しています。 3つの文は同じポイント(大きさ)です。エクセルのキャプチャなので若干字がぼけていますが、違いをお判りいただけると思います。 フォントを変更するだけで、これだけ変わります。特に数字は差がありますね。 もし、手元にカタログなどがあれば、手に取ってください。文字はどうですか?おそらく3.のような文字でしょう? この方が柔らかい感じがするし読みやすいですもんね。 私も仕事柄、デジタル資料をよく作っていたのですが、昔は“丸ゴシック”っていうメイリオっぽいフォントを使っていました。 話は変わりますが、10数年前、私はオフィス全般の商品を取り扱う会社にいました。そこでは名刺も取り扱っていたのですが、お客様で数字のフォントをこだわっているいる方がいらっしゃいました。 特にその数字の中でも『6』にこだわりを持たれていました。 この記事に添付している資料の1.2.を見てもらいたいのですが、『6』の上の部分が丸いですよね。 メイリオ…

続きを読む

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング