外国人評価で知った日本の風景 ~四明荘~

もう何年前からでしょうね? 親日の外国人さんが増えて、ネット上に日本のしかも日本人の私が知らない風景をアップしてくれるようになったのは? そんな風景の中で 「おぉ、これは」と思ったのが、島原の湧水庭園“四明荘”でした。 そう思い、3年前に一度行った事があるんです。 まぁ、鯉がきれいなところで泳いでいること! この前日は長崎市内で泊っていまして、台風が迫っていたのですが、夜に消滅しまして、当日、島原の湧水庭園“四明荘”に着いたら、まったく人がいなくて貸し切り状態で贅沢をさせてもらいました。 ボランティアの方ともゆっくりと話ができ、お茶をごちそうになり、“四明荘”でくつろがさせてもらいました。 1日約1,000トンの湧水が出るらしく、水が本当にきれいで、一度見るべき景色だと思います。 しかし、外人さんがよくこの場所を見つけたものですよね。 その投稿があり、それを日本語に翻訳するサイトがあり、それをたまたま見つけなければ、私はこの場所に行きつきませんでした。 日本に住んでいながら奇妙なものです。 さて、この“四明荘”がある街は“鯉の泳ぐまち”と銘打っていて 街を散策していてもおもしろいです。 道横にある水路の水もきれいで、「こんなところでこんな錦鯉が大量に泳いでいていいの?」と思ってしまいます。 また、鯉たちにも、「そんなに人を信用していいの?」と聞きたくなるくらいに慣れていました。 …

続きを読む

生頼範義展に行ってきました ~明石市立文化博物館~

明石市立文化博物館で展覧している“生頼範義展 THE ILLUSTRATOR ―スター・ウォーズ、ゴジラを描いた巨匠の軌跡―”を、観に行ってきました。 平日の午前中と言う事もあり、人も少なくゆっくりと鑑賞できました。 JR明石駅を北方面に出て、堀を見ると看板が 看板通りに進むと坂の上に“明石市立文化博物館”が見えます。 この看板の右手がエレベーター、左手が階段ですが、階段は見かけよりも段数が多いので、エレベーターで無理せず昇るのが無難かも 登ってきて、右手にぐるっと回ると博物館の正面です。 中に入り入場料を払って、一階の展示場は個人で楽しむなら撮影可能な作品群が(SFモチーフの裸婦画だらけなのでお子さんを連れていく場合はご注意を) 二階は撮影不可で“スターウォーズ”“ゴジラ”等の版権がらみのものの展示でした。 “ウルトラマン”は“パワード”だけ、“ガンダム”に関しては展示がなく残念でしたが、このブログでも取り上げた“幻魔大戦”(イラストは小説版に書かれていましたが)や、小松左京のSF小説作品“復活の日”“日本沈没”等の画が観れて、大変満足しました。 関連記事:幻魔大戦 ~キース・エマーソンの音楽でした~ それと、ここの展示方法なのですが作品(本物と思います)をアクリルのケースに入れて壁に掛けているだけで、柵で作品近くをガードしていないので、超接近して舐めまわすように観れますw 実際私は、お客さんが少なかったの…

続きを読む

長崎の“和み家”に行ってきました ~焼酎&梅酒bar~

長崎でご縁があって、度々お邪魔していた“焼酎&梅酒bar 和み家”が、店長(以下はテンチョと表記します)のお幸せから、今年5月で店をたたまれるとの事で、店がなくなる前にもう一度と思い飲みに行ってきました(^-^) ※テンチョは、和み家のブログは削除しないと言われていたのでURLも貼っておきます http://ameblo.jp/nagomiya0510/ たまたま、訪問した日がここのテンチョとFacebookで友達になってからちょうど4年目の日でありました。 ほんと偶然が偶然を呼んで知り合いになり、お邪魔しだしてから4年なのかと思うと感慨深いですな。 たまたま、“和み家”を検索し、このブログを見られた方、店をたたまれる前に行きたいと思っていたが、諸事情で行けなかった方、本日より未来に「“焼酎&梅酒bar 和み家”って、あったなぁ。」と懐かしむ方の為に、この日訪問した記録を残しておきます。 浜町の裏路地を進み。 あっ、あったあった。ここ、ここ。 中に入って 奥に行って、左手側を見ると お店です。 来ちゃった。 席に着くと、相変わらずジオラマが 見上げると 横を見ると いろんな種類がびっしり。 -------------------- 2016/06/23追加 2014年5月に撮った写真ありましたので追加しておきます。 ----------------…

続きを読む

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング