グリル異人館 大阪駅前第3ビル店 ~昼飲み・梅田で座って飲める~

なかなか梅田で昼から安く飲めて、カウンターで座れるお店って意外と限られるんですよね。 それで見つけたのが『グリル異人館 大阪駅前第3ビル店』! ここって上に書いている事も、私の店選びに必要な事ですが、お店の人としゃべれるお店(最近、よく行くお店で店の人としゃべる人ってあまりいなさそうなんですがwww)で、メニューがおもしろいところ! 『グリル異人館』定番メニューの他に、本日のおすすめメニューもイケてます。(うどんイジンカーナはなまえが意味わからんかったwwwそして食いそびれた・・・) 私の定番はアボカドのさしみ・グラタン・ビフテキ アボカドスライス 299円・グラタン 399円・ビフテキ 599円 安い! そして、ドリンクも安い! ちょっとひねくれた目で見ると、このお店手広くいくつかの種類のチェーン店を持っているので、仕入れ原価が安いからでしょう! 飲みの種類はアサヒ系で、東京風な飲み物ホッピーや電気ブランなども置いています。 なんでもお店を開くにあたって研修を受けたら東京系だったとか、ほんまかどうか判りませんが、お店の女子に教えてもらいました。 そして、お店には40~50代あたりがなつかしいと思う曲が流れ・・・ そして、そして、クラフトビールの瓶(けっこうやすい!)があります。 それと大勢で行くなら肉盛りテンプレートってのがあります。おっさん1人ではぜったい食いきれない。だいたい2~3人でつつくのに適している。 と、いう…

続きを読む

バーでの頼み方・楽しみ方 ~一杯目に私はこれを頼みます~

なじみのバーでよく飲んでいるのですが、このなじみのバーに限らず、初見のバーでもたいてい私は一杯目は決まっています。 それはハイボールです。 ちなみによくこのような話になると通は「ジントニック」「ジンフィズ」などを飲めば判るとよく書かれていますが、私はハイボールのほうがその店がどういうお店なのかよく判ります。 私は関西人なので関西に寄った事を書きますが、バーに限らず飲食店では仕入れ先が存在します。 だいたい、サントリー、アサヒ、キリンです。 おそらくこれに地域によってはサッポロも加わるでしょう。 と言うことはビールは必然とそのメーカーのビールが出ます。 だから、ハイボールも当然そのメーカーから出ているウイスキーのハイボールになります。 私が何を言いたいかというと、これがちぐはぐなメーカーのものがハイボールで出てくるバーがあります。 先に一杯目はハイボールと書きましたが、ここで私は「ハイボールは何のハイボールですか?」と必ずと言っていいほど聞きます。 メニューに銘柄が載っていれば聞かないですが。 ここからが、私の独断と偏見ですが、メーカー定番の銘柄でないもののハイボールが出たとき、そのバーのもしくはマスターのこだわりがそこに現れています。 あとはそのハイボールの作り方です。 氷は限りなく透明なもので不純物は入っていないか、作り方が見えているならきれいな所作で作っているかなどを見て、続けて来ようかどうしようかを判断します。 先ほどの話を少し掘り…

続きを読む

カタシモワイナリーのひやしあめ ~夏バテ防止においしくいただきました~

カタシモワイナリーの『ひやしあめ』が以前から気になってたので買って飲んでみました。 思っていた通りのおいいしい『ひやしあめ』の味でしたwww 食材が生姜・麦芽あめ・黒糖で、いかにも夏バテにも効くおいしい飲み物って感じです。 昔は上部が透明のドームになっていて、その中で噴水のように下から吹き上げていた自動販売機があって買って飲んだことがありますが、まさにその味です。 この自動販売機ですが、まだ黒門市場の北側の正門から入って左手のお店にありますね。 この前目に入って飲むか飲まないか考えてしましました。 黒門市場は海外の人が多くなってしまって、インバウンド仕様に様変わりしたところもありますが、これは変わりませんでした。 このカタシモワイナリーの『ひやしあめ』ですが、王冠で栓がされており、開封後は付属の白いプラスチックの栓で封が出来るようになっています。 濃縮は3~4倍なので、好みで割って飲みます。 なのでこれを使って家飲みようのカクテルが出来るかなとなじみのバーで話しておりました。 例えばモスコミュールのジンジャーエール代わりに使って、炭酸のないバージョンや、シャンディーガフのジンジャーエールの代わりに、これなんかは炭酸苦手な方にちょうど良いかも。 色々試したかったのですが、試す前に家族に飲まれてしましました。 また買ったら試してみます。 -------------------- 2018/10/21追記 家にはウォッカがない…

続きを読む

アルファベット順でカクテルを飲んでみました。(S~Z) ~バーカシュカシュで~

行きつけのバーカシュカシュ(BAR QASHE2)も長くお付き合いをさせていただいておりまして。 カクテルをアルファベット順で飲むという事を、遡ると2013年からしておりました。 私の気分次第でカクテルを飲みたくなった時とかに、『ショートカクテル』『アルファベット順』『レシピ本は見ずに思い浮かぶもの』をというルールで作ってもらっていました。 どのようなカクテルを出していただいたか最後までお付き合いください。 今回は第三弾S~Zです。 先にこれは全て私の個人のFBに載せていたのですが、今回ブログに書いているコメントはその時のものです。 また、写真も当時のもので酔っていたのかピンボケもありますがご了承ください。 写真下の期日はFB掲載時の期日です。 S:サイドカー(Sidecar) 今日はSで、オーソドックスなサイドカー 2016/11/08 T:テイクファイブ(Take5) 今日はTでTAKE5 2016/12/14 U:ユリシーズ(Ulysses) 今日はUでUlysses 2016/12/28 V:ウォッカマティーニ(Vodka martini) 今日はVなので、Vodka martini 2017/01/13 W:ホワイトレディー(WhiteLady) 今日はwでWhiteLady 後三文字 2017/02/17 X:エックスワイジィ(Xyz) 今日はXって事でXYZ あと2つ! 2017/03/0…

続きを読む

アルファベット順でカクテルを飲んでみました。(J~R) ~バーカシュカシュで~

行きつけのバーカシュカシュ(BAR QASHE2)も長くお付き合いをさせていただいておりまして。 カクテルをアルファベット順で飲むという事を、遡ると2013年からしておりました。 私の気分次第でカクテルを飲みたくなった時とかに、『ショートカクテル』『アルファベット順』『レシピ本は見ずに思い浮かぶもの』をというルールで作ってもらっていました。 どのようなカクテルを出していただいたか今回もお付き合いください。 今回は第二弾J~Rです。 先にこれは全て私の個人のFBに載せていたのですが、今回ブログに書いているコメントはその時のものです。 また、写真も当時のもので酔っていたのかピンボケもありますがご了承ください。 写真下の期日はFB掲載時の期日です。 J:ジャックローズ(Jack Rose) ひっさびさにアルファベットカクテルシリーズ。 Jack Rose 2014/03/29 K:キングスバレイ(King's Valley) 今日はk。 King's Valley 2014/04/17 L:レディ80(Lady80) Lady80っつうカクテル 2014/05/22 M:マイアミ(Miami) 今日はマイアミ。 2014/07/12 N:ニューヨーカー(New Yorker) 今日の気分はニューヨーカー 2014/08/01 O:オリンピック(Olympic) 今日はOちゅう事でOlympic 2015/01…

続きを読む

アルファベット順でカクテルを飲んでみました。(A~I) ~バーカシュカシュで~

行きつけのバーカシュカシュ(BAR QASHE2)も長くお付き合いをさせていただいておりまして。 カクテルをアルファベット順で飲むという事を、遡ると2013年からしておりました。 私の気分次第でカクテルを飲みたくなった時とかに、『ショートカクテル』『アルファベット順』『レシピ本は見ずに思い浮かぶもの』をというルールで作ってもらっていました。 どのようなカクテルを出していただいたか最後までお付き合いください。 今回は第一弾A~Iです。 レシピ等は出していません。「あぁ、こんなんもあるんだなぁ」って感覚でご覧ください。 先にこれは全て私の個人のFBに載せていたのですが、今回ブログに書いているコメントはその時のものです。 また、写真も当時のもので酔っていたのかピンボケもありますがご了承ください。 写真下の期日はFB掲載時の期日です。 A:アフターディナー(After Dinner) 今日からアルファベット順でショートのカクテルを紹介です。 一杯目は After Dinner 2013/09/10 B:バーバラ(Barbara) 今日はB! Barbaraっちゅうカクテルです。 2013/09/13 C:チェリーブラッサム(cherry blossom) 何かCをと言うことで、きょうは cherry blossomです。 それにしても連チャンやわ。土曜日出勤やとどうしても帰りに行ってしまいますな。 2013/09/14 …

続きを読む

ビールの飲み方あれこれ ~カクテルで一番好きなのはビールの割ったん~

私が一番好きなカクテルは『ビールをアップルジュースで割ったやつ』です。 これがバーに行っても置いていない。 なぜかというと名前がないからでしょう? いくら探しても出てこない。 ビールカクテルと言えば“シャンディーガフ”や“レッドアイ”などあるのですが、この『ビールをアップルジュースで割ったやつ』がない。 ドイツでは“ビール”を“コーラ”で割った“ディーゼル”なんてビールカクテルはあるらしい。 なぜなんでしょう? 他のに比べてパンチが足りないのでしょうかね? これって、あまりお酒が飲めない人でも、ゆるく楽しめるカクテルなのに。 まぁ、私は昔から好きなので飲んでおりますがね。 で、ビールを割るリンゴジュースなのですが、たまにバーで無理を言って作ってもらおうとした時、「炭酸ですか?炭酸なしですか?」とバーで言われる事があるのですが、私にすればどちらでもよいです。 炭酸の苦手な人は炭酸なしのリンゴジュースでしょうし、炭酸が気になるなら炭酸入りでしょう。 “シャンディーガフ”ならジンジャーエールやし、“レッドアイ”ならトマトジュースだからどちらもありでしょう? ちなみに最近当たりだなと思うリンゴジュースは伊藤園の『Vivit's(ビビッツ) 日本の林檎 Sparkling(スパークリング)』。 これが家の近所にある100円の自動販売機で売っているんです。 「安いのが理由なんかい!」と突っ込まれそうですがw そうで…

続きを読む

梅田 クラフトビアハウス モルト(Molto!!) ~クラフトビールを飲むのにおすすめ~

最近、梅田でクラフトビールを飲む事が増えました。 会社が梅田という事もありますが、偶然このお店でカウンターに座る事になり、なぜかそれ以後もカウンターに慣れて、ちょくちょく行っております。 そのお店は クラフトビアハウス モルト! ぶっちゃけ、ビール党ではないのですが、ここでは違います。 メニューにさまざまなクラフトビールが載っておりまして飽きない。 メニューは全てが揃っている訳ではなく、お店チョイスでその日の種類が決まっています。 とはいっても、サーバーはこんな感じで種類いっぱいです。 梅田のお店ですが、クラフトビールは近畿のものだけではなく、日本各地のものを自分たちで飲みに行ってチョイスしたりしているらしいです。 クラフトビールは地ビールと言いますが、地元の地ビールだけではなく、色々な地域の地ビールを大阪で飲んで楽しめます。 さて、このお店の場所は【阪急梅田直結阪急グランドビル31F】 だから、窓からの景色はこんな感じ。 これで、想像してみてください。夜はさぞかし“きれいでしょうね”・・・ “きれいでしょうね”というのは、おっさん同士でクラフトビールを楽しむために行っているので、この奥の景色が見える場所には座っておりません。 いつも、私が座っている場所の景色はこんな感じ↓ このお店他にも支店がいくつかありますが、どのお店もクラフトビールを取り扱っております。 そうそう、このお店に行けばカードを作っ…

続きを読む

行きつけのバー ~Bar Qache2 (バー カシュカシュ)~

残念ながら Bar Qache2(バー カシュカシュ) は、2019/06/29で閉店です。 この記事は備忘録として残します・・・良い店やったのにな~ ---------- 私もおっさんとなり、それなりに行きつけの飲食店が少ないですが何軒かありましてね。 “BAR QASHE2(バー カシュカシュ) ”は、2011年の年末に友人といっしょにふらっと入り、それからなじみのバーとなりました。 東梅田の4番出口の階段を上がって左手側 広い道の四つ角をまっすぐに写真の方向に突き進み ※飲食はお店の入れ替わりが激しいのでこの四つ角の写真(景色)も変わると思いますが、あえて撮影当時の記録の意味から写真を更新しません。 先程の四つ角から少し進んで、左手に見える“グランデ曽根崎ビル”のエスカレーターに乗り2階へ 登ったところにステンドグラス調の看板が ※看板に東3階とありますが、これ以上エスカレーターは使いません。 (写真クリックで拡大) エスカレータを降りて、ぐるっと左に回り 窓側まで進んで、ここでも左側にぐるっと回るとエスカレーター横に通路が見えます。 (写真クリックで拡大) エスカレーター横の通路を入り、左手の一番手前が目的地の“Bar Qache2 (バー カシュカシュ)” 店に入るとこんな感じ 野球シーズンであれば、たいてい阪神の試合ですが、それ以外は映画がサイレントで流れています。 ※マスターは野球好きで映画好きで、ド…

続きを読む

乾きものだと“なとり”がうまい ~濃厚でコクのあるチーズ鱈~

家飲みとなると、私の場合おつまみはたいてい乾きものです。 家飲みは安く仕上げようと思い、“かっぱえびせん”が、割合としては多いのですが、珍味系を食べたいなと思えば、メーカー“なとり”のものをチョイスしちゃいますね。 なかでも、ちょっと贅沢ですが、ゴールドパックの『チーズ鱈』(なとり 一度は食べていただきたい熟成チーズ鱈 64g×5袋)は、最強ですね。 なとり 一度は食べていただきたい熟成チーズ鱈 64g×5袋なとり Amazonアソシエイト by ローソンであれば『濃厚でコクのあるチーズ鱈』も、このシリーズに含まれるのでしょうか? なにしろ“なとり”、特にチーズ鱈の分厚い版はパッケージに書いているように濃厚でコクがありうまいです。 特にこのゴールドパックのような、ちょい高『チーズ鱈』は、若干のぜいたく感もあり、良いのですよ。 今から8年くらい前に、大阪の上新庄のとあるショットバーに出入りしていましたが、そこのママがはまったらしく、「これおいしいよ」と、すすめてくれて始めて知りました。 おつまみの特に乾きものって、どこのがうまいとか考えた事はなかったのですが、この時“なとり”ってうまいと知り、スーパーとかでするめとかのパッケージの裏を見て「おぉ、“なとり”なら外れではないな」と思うようになりまして、そこまで、乾きもののメーカー等にこだわっている訳ではないですが、“なとり”はうまいと認識しております。 全体的に味は濃いめのメーカーと思います。 この…

続きを読む

飲み会で乾杯のビールを渡す(まわす)順番

先日、いつものように、なじみのバー BAR QASHE2(バー カシュカシュ) で飲んだ時、マスターと話をしていて、「なるほど、これは何が正解?」と思う話がありました。 マナーとは言えませんが、言うなれば“おいしく飲んでもらうための心遣い”と言う話でして。 通常の飲み会のマナーと思われるものから外れているけど、正しいと思われる話なんです。 BAR QASHE2(バー カシュカシュ)は12名位が入れるバーでして、たまにバイトもいますが、だいたいマスターが一人でやっているという環境です。 予約も取る事が出来、10名位で飲み会をされる時もあるそうです。 さて、飲み会の時、注文した飲み物や食事がテーブルに来たら、皆さんどうします? おそらく、マナーのセオリー通りに、上司あるいは年長者に先に渡していきますよね。 でも、これが意外に悩むシチュエーションがあるんです。 上司あるいは年長者に先に渡すのも正しいですが、おいしいところを取ってもらうと言う考え方もありますよね。 一般的に考えると、飲み会に行き、テーブルに注ぎたてのビールがきました。 あなたはおそらく気を利かせて、「このビール、奥にまわして」等と言っていると思います。 そして、皆のビールがそろうのに、特にこのバーのようなシチュエーションだと時間が若干かかると想像できますよね。 結果、みんなで乾杯の時には、上司あるいは年長者の手元には最初に来たビールがある状態です。 …

続きを読む

美味しい豆腐 ~森永乳業の豆腐があるの知っていますか~

時々、飲み屋とかに行って、美味しい豆腐がある事ありませんか? お通しの冷奴とかが美味しかったりしたらラッキーですよね。 豆腐って、スーパーより昔ながらの作り方をしてくれている小さいお店がうまかったりもします。 そう思っている私が、Amazonでこの豆腐が売っているのを見つけたので紹介します。 このブログ記事を見た方、森永乳業で“絹ごし豆腐”が売っているのを知っていますか? そして、その豆腐が美味しいと言う事も。 いやぁ~“森永絹ごしとうふ”予想以上にうまいと思いますよ。 この豆腐って、宅配専用と思っていたんですがAmazonnでも売っていたんですね。 このパッケージ写真通りに、この豆腐ほんとに「開けたときが作りたての味」がするんです。 弾力のある豆腐で、食感もまろやか、味も濃いので相当美味いです。 そして、これはさすが森永と思うところですが、牛乳等のパッケージ技術が活かされているのでしょう賞味期限が長い。 ※16/06/18に家の冷蔵庫にあった豆腐を撮影しました。 ※この豆腐なら、要冷蔵10度以下という条件ありますが、17/02/13まで持ちます。 ちなみに注意書きはこちら これって、てっきり宅配専用商品と思っていましたが、他の展開もしていたんですね。 ほんと、なかなかイケている味なんで食べてみてください。 特にお店をされている方にはおすすめだと思います。 森永乳業 絹ごしとうふ 290g 24個…

続きを読む

卵かけご飯 ~ポン酢を入れるとおいしい~

卵かけご飯のおいしい作り方と言って、ちまたにいくつかありますが、「おぉ!これは!」と思う食べ方にあたった事はありませんし、けっこう手間で作るの邪魔くさかったりして… で、試してみると邪魔くさくなく、けっこうおいしい卵かけご飯になったんで、書いておきます。 ずばり、ポン酢を一たらしするだけ そして、しょう油をぐるりと一周 しょう油は強いて言えばキッコーマン生しょう油 キッコーマン しぼりたて生しょうゆ 200mlキッコーマン食品 Amazonアソシエイト by そんなにこだわる事はないでしょうが、“卵かけ専用しょう油”なるものも、いろいろ出ていますけど、私としては“卵かけ専用しょう油”は若干甘く感じるので、“キッコーマン しぼりたて生しょうゆ”の方が好きですね。 で、茶碗の中でかき混ぜて 白ご飯を入れて かき混ぜる けっこう、おいしいですよ。 ポン酢を入れる事で、味がしょう油だけのものよりしっかりした感じがして、しょう油をあまり入れなくても濃く感じます。 今回、ポン酢を卵かけご飯に入れ出した理由ですが、まぁ、私が関西(大阪)人でしてポン酢にはこだわりがあります。 なのに、家に「え~っ!」って思う、いまいち深みのないサラサラな某有名メーカーのポン酢が冷蔵庫に入っておりまして、これを如何に早く消化するか?と考えて、この方法で食べだしました。 ちなみに愛用ポン酢は 板前手造食品 手造りポン酢 360mlAmazonアソ…

続きを読む

ウィルキンソン炭酸水 ~レモン味が手ごろでうまい~

バーで“ハイボール”を頼んだ時、瓶に入った“ウィルキンソン炭酸水”で作ってもらえると、雰囲気が出る。 “コーラ割”ならば、瓶入りの“コカコーラ”。 なんかねぇ。ペットボトルだと感じが出ませんよねぇ。 私はバーではカウンターに座る派で、作っているのが見えるので気になるんですよ。 ちなみに、瓶入りの“ウィルキンソン炭酸水”と“コカコーラ”はリターナル瓶なので、酒屋に持っていくとお金になります。 さて、 私は家飲みの場合は、『ウィルキンソン タンサン レモン』で割る派です。 文字通りレモンフレーバーで、なかなかおすすめです。 でも、レモン風味の炭酸水は他にもあるのですが、この『ウィルキンソン タンサン レモン』以外は、私の感覚ではいまいちなんですよね。 なぜなんでしょう? ところで、“ウィルキンソン”は、アサヒ飲料から今は販売されていますが、本から日本のメーカーだと知っていました? 私も、パッケージには“WILKINSON”と入っているし、海外ブランドっぽい感じなんで、輸入もんだとつい最近まで思っていました。 ウィキペディア(ウィルキンソン (飲料))から引用すると 1889年(明治22年)頃に、日本に定住していたイギリス人のクリフォード・ウィルキンソンが狩猟の途中に、兵庫県有馬郡塩瀬村生瀬(現在の兵庫県西宮市塩瀬町生瀬)で天然の炭酸鉱泉を発見した。 1901年(明治34年)に王冠(クラウンコルク)を使用した瓶を発売。1904年(明…

続きを読む

ボジョレーヌーボー解禁をうだうだ考える ~意外な事実~

ボジョレーヌーボーの記事を書くにあたって、発音を軽く調べてみた。 ボジョレーヌーボー?ボージョレーヌーボー?いや、辞書の発音記号で見るとボジョレヌボらしい、でも読み方にこだわりはないらしい。 さて、ボジョレーヌーボーは、日付変更線の関係でフランスより日本の方が早く解禁する。 年々、昔ほどの盛り上がりはなくなったかなと思う。 しかし、初もの好きの日本人は今後も変わらず続けて飲むべきなのかも 日本で、初もので思い浮かぶものとしては“初ガツオ”があるが、味に関して言えばボジョレーヌーボーと微妙に違うと思う。 “初ガツオ”はさっぱりした味。“戻りガツオ”は脂がのった味。どちらもそれぞれおいしさがある。 一方、ボジョレーヌーボーの味は、作り方を知ればどんなものか想像できると思う。 そもそも、「ワインは熟成させるとおいしい」となんとなく聞きかじったことがあると思うが、ボジョレーヌーボーは熟成期間も短く、飲みごろの期間も短い。 熟成期間が短い“早飲みワイン”と言われるものよりもっと短い。 まずいという訳ではないが、味を求めるならどうなんでしょうと思う作り方と思う。そもそも、その年のブドウの出来をみるもののはずなので、初ものを粋に飲むという観点で考えればありでしょうけど。 且つ、日本に輸入して飲むのはどうなんでしょう? 地酒は現地で飲むのがうまいと聞く。理由は揺らさない方がおいしいかららしい。 でも、それは判る気がする。やっぱ現地で飲むとうまい。ワ…

続きを読む

ワインはロックでいただいています

私はよくバーに行くが、バーでワインを頼む時はだいたいロックでいただいている。 なじみのバーであっても、「ワインをロックで」と最初お願いするのに、気が引けたが、マスターに聞くとたまにロックで頼む人がいるとの事だった。 それ以来、たいていロックで頼むようになり、ワインを頼むとマスターが「ロックですね」と聞くくらいになった。 ここで問題だが、ワインに氷を入れて飲む方が私は好きなのだが、これはルールに反しているのだろうか? ワインはけっこう飲み方にルールがありそうだから、ちょっとドキドキする。 この事はインターネットで調べれば答えが出てきそうだが、あえて調べない。 だって、答えを知ってしまっては、うだうだとバーでしゃべれないようになってしまうので、誰かに教えてもらうまでは楽しみにとっておこうと思う。 だいたい、私が飲むワインはチリかイタリアの手軽なものを頼んでいる。 銘柄はあまり覚えていないww たいてい、「あの自転車のラベルのやつ」とかと言う風な頼み方なのでw コノスル シラー ヴァラエタル 750mlスマイル Amazonアソシエイト by でも、これがバーで頼む楽しみとも考えている。 さて、ワインをロックで飲む話だが、どれくらいの人がこの飲み方をするんでしょう?けっこう多いんかなぁ~? ちなみに、サントリーから紙パックに入ったオンザロック専用ワインがあるらしいので、貼ってみる。 カルロ ロッシ フルーティ …

続きを読む

チャロネグロ エピソードⅡ ~レシピを書いてみた~

前にチャロネグロの記事を書いた事があり、具体的なレシピが見つけられないと書いていたが、やはり未だに見つけられず。 いつものバーで私に出してもらっている“チャロネグロ”のレシピを教えてもらった。  材料名        分量 ■テキーラ       45ml ■コカ・コーラ     135ml位(アルコールの濃さはコーラの量で調整するノリで) ■ライム        8分の1 ■塩           小皿に少し見栄え良く ※写真はちょっと飲んじゃった後のものですwww テキーラのチョイスは様々です。 コーラは絶対にコカ・コーラ!店で飲むなら瓶の方が良いに決まっている。 ちなみにコカ・コーラの瓶って、今でも返却したらお金が返ってくるんですね。 そうそう、ブログに載せる許可をマスターにもらっていますので いつものバーは“Bar Qache2(バー カシュ カシュ)” http://www.boutiqueworks.co.jp/qache2 食べログで評判の良いお店です。ステマではありませんw ちょっとクセのあるビルに入っていますが、あら不思議、扉を開ければ好い感じです。 このバーは牛スジカレーとパスタがうまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・あれっ?バーやのに…

続きを読む

チャロネグロ ~レシピがない~

チャロネグロ 正体はテキーラのコーラ割です(^-^) いつもはライムを絞ってもらい、飲むときに塩をパラパラとかけていただいています。 はちみつが入っていないのに、何故かはちみつの味がします。 最近、飲みに行けない環境にあり、早くこのチャロネグロを飲みにいつものバーへ行けるようになりたいです。 ---------- 2015/10/08追記 レシピ教えてもらいました。 関連記事:チャロネグロ エピソードⅡ ~レシピを書いてみた~ ---------- このカクテルって、名前を聞いた事だけあったので、なじみのBarで作ってもらおうとお願いしましたが、店のマスターは知らず。 ネットでレシピを探したのですが、明確な分量を記載しているのが見つかりませんでした。 テキーラが得意な酒屋やメキシコ料理店とかは知っているようですが、あまり情報がないところを見ると、多分、ノリで作って飲むような軽い感じのものなんでしょうね。 ちなみに私は、冬場は冬場で、このバーで嵌まっているホットなものがあります。それは、冬場にご紹介します。 ではでは。 テーマ:食品・飲料・ひとりごと

続きを読む

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング