ウェブリブログのアクセス解析 ~Ptenjine・User Heat~

前に記事で“アクセス解析研究所”の事を紹介しましたが、タイトルにあるアクセス解析ツール“Ptenjine”、“User Heat”もウェブリブログで使用可能だったので紹介したいと思います。


“Ptenjine”、“User Heat”も“アクセス解析研究所”同様に、ウェブリブログのサイドバーの「フリースペース」に貼り付けるだけで使用可能でした。

【Ptenjine】
まず、目を引かれるのがデザイン。
それもそのはずで2013年にグッドデザイン賞を受賞しているツールとの事です。

これも無料版・有料版がありまして、無料版だと下記の条件です
・計測可能PV数/月 25,000
・計測可能イベント数/月 25,000
・ヒートマップ利用可能ページ 1ページ

そうこのツールはヒートマップも付いているんですよ。

これだけ機能があって、無料で使えるのは魅力ですね。

実際使用してみての感想は、リアルタイムで誰かがブログにアクセスしているのかが見れるのは楽しく、どのページも1ページの中に必要と思われる情報を表示しているので、頻繁にクリックする必要がないデザインになっていると思いました。

申し訳ないけど、少し残念だなと思ったのが、ヒートマップ画面を表示させ操作をしていると、ウェブリブログの場合だけかもしれませんが、参照数にカウントされるんですよ。

後、その表示させたページや、ウェブリブログ上でプレビューさせた画面が“Ptenjine”上では、アクセスしたとしてカウントされるんです。

もしかしたら、設定があるのかもしれませんが、デフォルトでそれらは除外してくれるようにしてあれば、うれしかったなと…

ちなみに“アクセス解析研究所”は、ウェブリブログ上でプレビューさせた分は除外アクセスとしてカウントされます。
(後に紹介する“User Heat”で開いた画面も“Ptenjine”はカウントし、“アクセス解析研究所”は除外アクセスとしてカウントされます)

後、“Ptenjine”を使ってみようと登録すると、“Ptenjine”側に担当者が付き、何かあれば担当者にメールで質問が出来るとの事でした。

無料版で使用しようとしたのに恐縮しました。


【User Heat】
これは、ヒートマップのみのツールで、ブログのトップページさえ登録しておけば各ページを解析してくれるようですが、1つのページに対して200~300PV程度が必要との事で、私のブログの場合は数ページしか解析できませんでしたw

その数少ない画面を見ると、どのようにブログを見てもらっているのかが判って楽しいです。

ヘルプには1日10万PV以上アクセスがあるサイトには設置しないでくださいと書かれていて、他に制限は1アカウントあたり、約1000種類のページ分を分析でき、それ以上のページを分析することはできませんとの事でした。

でも、何度も言うようにそんなにいかないって。悲しいーっ(;O;)


それと“User Heat”も有料版の“User Insight”というのがあるようですが、これは会社として本格的に分析したい場合のもののようで、どういう違いがあるか詳細を見たかったのですが、会社名とかを登録しないと料金表をダウンロード出来ず、見るのを断念しました。


と言う事で、前回のウェブリブログのアクセス解析 ~アクセス解析研究所~に引き続きウェブリブログで使用出来るアクセス解析ツールを紹介しました。

ではでは。

"ウェブリブログのアクセス解析 ~Ptenjine・User Heat~" へのコメントを書く

コメントありがとうございます。

返答が必要なコメントのみ、ニックネーム“ブログ主”でコメントさせていただきます。

人気ブログランキング参加中よろしければ気が済むまで投票して下さい。

お名前:
ホームページアドレス:
コメント:

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング