気になる…(きになるてん)

アクセスカウンタ

プロフィール・プライバシーポリシー

ほど良い情報をお届けしたいブログ

きになる…(きになるてん)

ブログテーマ | PC | グルメ | おすすめ | ひとりごと | ThinkPad | BABYMETAL | アニメ・マンガ |

zoom RSS ThinkPadはおすすめPCブランド 〜私が使い続けている理由〜

<<   作成日時 : 2016/06/17 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

私は、このブログのテーマで“ThinkPad”のカテゴリを作り、記事が書けるくらいに“ThinkPad”派なのです。


どうして“ThinkPad”派になったのか。また、どうして“ThinkPad”がおすすめのPCブランドなのか説明したいと思います。


まず、どんな人におすすめなのかを書くと

1. ノートパッドに指があたりカーソルが飛ぶのがイヤと思っている人


2. 安くて性能の良いPCがほしいと思っている人


3. 堅牢性が高いPCがほしいと思っている人


4. 修理になった場合の修理費が高くてイヤと思っている人


5. 修理になった場合に日数がかかるのがイヤと思っている人


ざっと書きだすと、こんな感じでしょうか?

私の意見としては、上記の内容を“ThinkPad”であればクリアしていると思います。

あくまで“ThinkPad”特にXとTシリーズの話であり、Lenovoというメーカーが良いとは言っていませんので、その辺は誤解されませんように、あくまで“ThinkPad”と言うブランドの話です。


少し長くなりますが、以下にどうして私が“ThinkPad”派になったのか書いてみたいと思います。


15〜16年前は、日本メーカーのPCを使っていて、そのメーカーしか使っていなかったのですが、その頃勤めていた会社では物販でIBMの“ThinkPad”を売っていたのです。

必然的に、私が会社で使用するPCは“ThinkPad”になり、ノートPCのパッドに使い慣れていた私にとって、“ThinkPad”の【トラックポイント】は使いにくいものでした。
でも、そのうち“ThinkPad”の【トラックポイント】も慣れてきて、指がパッドにあたりカーソルが飛ぶ事がないので、「おっ、いいやん」って感じになりました。

1. ※これでノートパッドに指があたりカーソルが飛ぶのを解消できます。


そして、そうこうしているうちに家のPC(日本製のOS:Win MeのPC 値段20万円後半)が、壊れまして、この時すでに4年以上使用していて、もし修理をしてもアホかと思うくらいの値段を取られるので、家の近くで“ThinkPad”の今はもうないRシリーズ(Tシリーズの廉価版という感じ)の『R50e』が、たしかセールで6万くらいで売っていて、即納だったので買いました。

当時は技術が進むスピードが今より速かったこともありますが、このR50eが壊れた日本メーカーのPCに匹敵する性能でして、それが安く買えてラッキーと思いました。

大昔はIBMの“ThinkPad”はめちゃくちゃ高かったので、安価で買えるようになったのと、思いのほか使い勝手が良い事を、仕事を通して知っていたので、この時に“ThinkPad”に乗り換えちゃいました。

私が、『R50e』を購入した頃は、特定の店でweb上で買うのが安く、それがお得な買い方でしたが、今はメーカー直で買った方が安いです。
だいたい、年の初め頃やNewモデルが出た時に35%オフ(もしくはそれ以上)を行っていて、これが狙い目です。

ちなみに、Lenovoのサイトとは別に、公式にアウトレットを販売しているサイトがありまして、旧モデル等は極めてお買い得です。
知らない人多いようですね。
公式アウトレットサイト⇒http://outletap.lenovo.com/jpoutlet/top
--------------------
2018/08/22追記
現在はURL変わっていました。⇒https://www.lenovo.com/jp/ja/jpoutlet/
--------------------

2. ※これで性能の良いPCを安く購入できます。


R50eの後は、R60e(Vistaにしてまだ現役で使っています)、T61(仕事柄VistaでなくXPが必要でしたのでOSはXPでサポートが切れるまで使用し、買い取り額4000円で引き取ってもらいました)、X200、T440pと“ThinkPad”シリーズを使い続けています。

歴代“ThinkPad”を使っていて、メーカーがIBMからLenovoに変わった頃は、「あれっ?」と思う雑な部分がありましたが、私が購入したものではX200以降はしっかりしたものになったと思っています。
価格を下げる為にちゃっちくなったパーツもありますが、まぁ、これは他メーカーでもあるところなので、いたしかたないと思います。

それと、“ThinkPad”を語る上で大事な事に『大和研究所』があげられます。

この存在をご存知でしょうか?“ThinkPad”シリーズはここで研究・開発されていて、その拷問のようなテストはすさまじいものがあります。
それを目の当たりにすると、“ThinkPad”が如何に堅牢性に優れているPCか判ります。

3. ※これで、堅牢性の高い、丈夫なPCが手に入ります。


もっと言えば、この『大和研究所』があるので“ThinkPad”は、日本人好みのなかなかイケてるPCになっています。

おそらく、この事を知らなければ、私も“ThinkPad”を買い続ける事はなかったでしょう。

と言うか、もし、『大和研究所』がなければ“ThinkPad”は買いません。

最近は日本産を前に出した“米沢モデル”(牛肉じゃないですw)があり、日本ブランドで固める事が出来るようになっています。(若干割高です)


次に“ThinkPad”が故障して、修理をしないといけなくなった時なのですが、“ThinkPad”ってパーツの取り寄せが出来るんです。
“ThinkPad”は、本体の分解方法とパーツリストが載っているマニュアルがありまして、機械に強い人であれば、それを見ながら修理(アッセンブリ交換)が、できます。

私が、購入したPCの中ではT61が、なかなかよろしくないPCでして、使い続けているとCPUファンの音が大きくなりまして、2回ほど交換しました。

もし、この修理をメーカーに出して修理しようとすると、パーツ代の他に、技術料等として、おそらく3万円くらい上乗せになりますが、自分ですればこれが浮きます。且つ、修理した商品が手元に戻ってくるまで2〜3週間はかかると思いますが、それがなくなります。

4. 5. ※これで、修理は安く済み、修理の日数も掛らなくなります。


ちなみに、この時交換したファン部分のパーツは、以下のものでして
画像

これは交換したパーツを裏返したものですが、パーツ左側に2ヶ所グレーになっている部分があります(写真をクリックで拡大してもらえれば判ると思います)が、グリスが塗ってある個所でして、送られてきたパーツにも同じようにグリスが塗られていて、私がする事はマニュアルに沿って分解し、パーツを入れ替えてグリスが塗られている部分を本体に押し付けて圧着させ、本体をもとにもどして終了と言うものでした。

機械いじりが得意な方があれば、苦になりませんね。

ちなみに私は若い時からバイクをレストアしたりしていたので、得意分野でありました。


いかがでしょうかね?以上の理由で私は“ThinkPad”を使い続けています。

もし、PC購入を考えている方の参考になれば、幸いとと思います。


くれぐれも言っておきますが、私が進めているのはLenovoのPCではなく、“ThinkPad”というブランドをおすすめとしていますので、お間違いなく。


“ThinkPad”シリーズには、まだまだ他にもおもしろいなと思う部分がありますので、それはまた他の記事でご紹介したいと思います。

ではでは。

広告
広告

テーマ

関連テーマ 一覧

• サイト内検索

ブログ 記事一覧

  ―こんな記事も読まれています―

パンチが効いていれば人気ブログランキング


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

コメントありがとうございます。

返答が必要なコメントのみ、ニックネーム“ブログ主”でコメントさせていただきます。

人気ブログランキング参加中よろしければ気が済むまで投票して下さい。

画像

ブログ “ 気になる… ” は

ほど良い情報をお届けしたい

見た目は子犬!頭脳はおっさん!

なブログ です(´・ω・)

広告


 • サイト内検索

ブログ 新着記事

 ―NEW!―
記事がお気に召せば
(^ω^`)ブログをご覧いただきありがとうございます
ブログ主:Takasui

ThinkPadはおすすめPCブランド 〜私が使い続けている理由〜 気になる…(きになるてん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる