気になる…(きになるてん)

アクセスカウンタ

プロフィール・プライバシーポリシー
ブログテーマ | PC | 情報 | 生活 | おすすめ | ひとりごと | ThinkPad | BABYMETAL | アニメ・マンガ |

zoom RSS 藤子・F・不二雄のこわいマンガ 〜大予言〜

<<   作成日時 : 2016/01/17 14:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

私が、藤子・F・不二雄のマンガで一番こわいと思うのが「大予言」というマンガなんです。

たかが7ページのマンガなんです。

でも、一番印象に残っているんです。

私が所有する本だと『征地球論』に載っている。
画像


今販売されている本だと
SF・異色短編 4 (藤子・F・不二雄大全集)
小学館
2012-07-25
藤子・F・不二雄


Amazonアソシエイト by SF・異色短編 4 (藤子・F・不二雄大全集) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

気楽に殺ろうよ (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
小学館
藤子・F・不二雄


Amazonアソシエイト by 気楽に殺ろうよ (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


出来れば話を知った後に、このブログ記事を読んでほしいと思います。

だいぶ、ネタばれも書いてしまうし(7ページの作品をネタばれなしに書くのはむずかしい)、紹介した本は買って読んで損はないと思いますので。


ストーリーは、タロット占いがよく当たると評判な占い師がノイローゼにかかってしまい4〜5年が経つ。

そして、その弟子の中に、第三者をトランス(催眠)状態にして、その第三者に予言をさせて的中させる能力を持っている者がいて、占い師のノイローゼの原因は

「未来の恐るべき何かを予知された。」

との事を聞き、師である占い師のもとを訪れる。

弟子は占い師に催眠術をかけて、その予知された恐ろしい予知を聞き出そうとする。

しかし、占い師は弟子に

「わしはなにも予知なんかせんぞ!!」

と言うので、弟子は

「じゃ、いったいなんですか!?先生がこわがっておられるのは?」

と聞くと、占い師は声を荒げて

「知ってるくせに!!」

「きみだけじゃない!!世界中のみんながしってるくせに・・・」

と言い出し、新聞や週刊誌の切り抜きを見せ始める。

そこには“エネルギー危機”をはじめ“汚染”や“人口爆発”その他にも滅亡を示す事が書かれている。

しかし、占い師はここに書かれた内容がこわいのではなく、この話を見聞きしていても

「有効な対策もないくせにさわごうともしない世界人類がこわい!!」

と言うのだ。

そして、占い師は孫を抱き抱えて

「おまえにはもう予知してあげる未来もないんだよ」

と、締めくくる。


この話、突き詰めるとこのマンガを平然と読んでいる「読者」が一番こわい存在となる。

そして、この話を書いている私もこわい。


私は、これとよく似た現実世界に戻される感覚を、過去に黒澤明の映画『椿三十郎』で経験した事があります。

あの映画は、最後に椿三十郎が対峙する敵役と果し合いを行い、椿三十郎が見事に敵を切り捨てる。

そして、それを見た若侍が「お見事」と声をかけるが、椿三十郎は「ばかやろう!」と一喝する。


この時、私は現実世界にかえった。

勧善懲悪のチャンバラものであり、痛快に敵を切っていたとしても、それは人殺しだ。
それは、はたして「お見事」と言って良いものだろうか?

思ってはいけない事を、フィクションであればおもしろいと思う。


・・・こわい、こわい。


関連記事:
藤子・F・不二雄のこわいマンガ 〜ウルトラ・スーパー・デラックスマン〜
藤子・F・不二雄のこわいマンガ 〜ミノタウロスの皿〜

広告
広告

テーマ

関連テーマ 一覧

• サイト内検索

ブログ 記事一覧

  ―こんな記事も読まれています―

この記事にピンときたら

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

コメントありがとうございます。

返答が必要なコメントのみ、コメント欄にニックネーム

“ブログ主”でコメントさせていただきます。

画像

ブログ “ 気になる… ” は

ほど良い情報をお届けしたい

見た目は子犬!頭脳はおっさん!

なブログ です(´・ω・)

広告


 • サイト内検索

ブログ 新着記事

 ―NEW!―
記事がお気に召せば
(^ω^`)ブログをご覧いただきありがとうございます

藤子・F・不二雄のこわいマンガ 〜大予言〜 気になる…(きになるてん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる