電車で気を使わずに座るには ~座席を心理と動線から考える~

電車に乗った時、どの場所に座りますか?


私は、座席をゆずる必要がない位置に座るようにしています。


今からする話は、たいてい人に話すと感心される内容なんですww

と言う事で、ひとりごとにお付き合いください。


さて、私は仕事柄か人の“動線”を気にするようになりました。


例えば、病院内で患者さんや色々な人の動線等を考えると、エレベーターが来るのをどの位置に立って待てば、良いのかといった事です。

患者さんがエレベーターから出てくる事だけを考えれば、少し扉から離れた場所ですが、離れて立ちすぎると後ろを通る人達の邪魔になるのでそれも考慮に入れて立たなければならないといった具合です。


さて、電車の場合に乗客の事を考えると

どんな心理が働き、どんな動線があるでしょうか?



そもそも、私は席を譲らないといけない人が近辺にいる場合に席を譲ります。

席を譲らないといけない人を定義づけると


“お年寄り”


“健康を害している人”


“妊婦さん”


と言ったところでしょうか?


この方々、電車に乗った時にすでに降りる時の事を考えていると言ってもいいと思います。



つまり

「降りやすい位置にいたい」


と言う心理が働いているでしょう。

だから、「入口のそばにいたい。」と思っているのではないでしょうか?



自分に置き換えて考えると、風邪や二日酔いの時に電車に乗る際、わざわざ奥の方に行きますか?

すぐに降りれるところにいませんか?


そう考えると、乗車口近くの席に座っていて、先述の方々が乗ってこられると必然的に、席を譲る行為が発生します。

別に良いっちゃ良いんですけどねw でも、座っていたい時もあるし、席を譲るべきか微妙に躊躇してしまうような状態の人もいるし・・・

で、譲らないと自分の中の良心と相談していろいろと考えてしまうし・・・

寝たふりというかっこ悪い事も考えたりして・・・

と、言う事を回避し

良心の呵責を感じずに座れる席は


①電車の優先座席側でない端の一番奥の席


②乗車口から離れた真ん中あたりの席


となりませんか?いかがでしょうか?

図にするとこんな感じ
画像
※クリックで拡大表示

実は、このなんとも言えない微妙な話、気にしている人多いんですよねw

で、この話を飲み屋なんかで話していると、まぁ、意外と盛り上がることw


話のネタにひとついかがでしょうか(^-^)

ではでは。


 ・ブログ 記事一覧
  ―こんな記事も読まれています―

この記事へのコメント

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング