マウスパッドで「おススメは?」と聞かれたら革製を一番に紹介します

以前、他のブログ記事で「無精者なので、ベッドの横にノートPCを置いて使用している。」と書きましたが、その環境でマウスパッドを何にするか考えた事がありまして“革製のマウスパッド”に落ち着きました。


プライベートのノートPCを今から17・8年前に始めて購入いたしまして、それ以来ノートPCはベッドの横が定位置ですwww

その頃から、ずっと光学式のマウスを使用していまして、最初はマウスパッドなしで使用していたのですが、マウス裏のすべるシールにほこりが付き見栄えが良くないのと、マウスによってはカーソルの動きが悪いものがありました。

それで、マウスパッドの使用を考えたのです。

必要とすることは、以下の3点
・シーツ(ベッド)の上に置くのである程度の硬さが必要
・シーツの上でマウスパッド自体がすべらない
・マウスがスムーズに動く


今まで
・アクリル製
・シリコン製
・アルミ製

と、購入して使用してきましたが
・アクリル製:シーツの上で手をついて変に力が加わると割れそう、裏をすべらないようにするのに製品付属のシールを貼るが、シールが華奢ですぐはずれる。

・シリコン製:厚みのあるものを選べば硬さの問題はないが、裏の加工が粘着性シリコンのものが多く、それを覆う必要がある(私の場合A4のクリアファイルを切り抜き粘着性のシリコンを覆っていました)、重さがあるのでシーツの上でマウスパッドがすべらないが、裏を覆っているものがずれるとほこりがつく。

・アルミ製:求めているものを兼ね備えていましたが、手を置くと冷たい、マウスの裏のすべるシールの傷みが速い。

「これ以上ないかな?」と一旦アルミに落ち着きかけたのですが、なんとなくしっくりとしていなかったんです。

そこで、見つけたのが“革製のマウスパッド

しかし、これも欠点がありまして、使っていて気付いたんですが、裏のゴム部分が本体から剥がれやすかったんです。

でも、まぁ、私が購入した商品は今や廃番になっているほど古いものなので、今はゴムが剥がれにくくなっているかもしれませんが、もしそうだったとしても、革製のマウスパッドの裏のゴムはたいてい全体を覆うものが多いので、(中にはおしゃれ感重視で裏表革で色を変えてあり、リバーシブルのものもありますが)剥がれたら両面テープの補修で問題ないです。

ちなみに、私が購入した革製のマウスパッドは、ゴムが剥がれかけた時に一度補修して以来、剥がれる気配がないです。

おそらく、ゴムという素材と貼れる面積が広い事から補修してしまえば剥がれにくくなったのでしょう。

【マウスパッドの裏面】
画像


また、裏の素材がゴムなので、シリコンみたいに貼りつかず場所を移動させやすいというのも魅力です。


後、革製のマウスパッドは、硬い素材のマウスパッド使用時よりも、マウスの裏が傷みません。

【マウスパッドの表面】
画像


革製のマウスパッドは、他のマウスパッドよりも若干高いかもしれませんが、そうそうめったに買い換えるものではないのでマウスパッドを購入する際に選択肢の一つに加えてみてはどうでしょうか?

本来なら、私が購入したマウスパッドの広告でも貼りつけておくのでしょうが、廃番商品のため現在の商品の広告を貼りつけておきます。

それとAmazonのリンク →マウスパッド 革製

これで革製のマウスパッドのイメージをしてもらえるかと思います。



この商品、さっき書いた“ゴムが剥がれる”のを補っていますね。本体の革部分と一緒に縫ってあるwww

やっぱ、苦情があったのかなぁ?


ではでは。


 ・ブログ 記事一覧
  ―こんな記事も読まれています―

この記事へのコメント

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング