液晶保護フィルムの貼り方 ~空気(ほこり)を抜く~

スマホを買い換えました。

私は、いつものごとく液晶保護フィルムを貼っているのですが、ほぼ職人技のように出来るようになったので、方法を具体的に写真を使って紹介したいと思います。


使うものはセロテープ

作業の敵はほこりなので、作業を行うタイミングは、購入したスマホを箱から出して画面を触る前、風呂上がりに行うのがベストです。

なれていれば、ここまでやる必要はありませんが、こうした方が「いまからやるぞ!」って感じで集中力が増すかも(^-^)

なにしろ、作業を行う前はスマホの液晶画面をきれいにしてください。
私の場合は、メガネ拭きようの目の細かいクロスで指紋等を拭きとり、エアーを吹いて、目で見て判る細かいほこりはセロテープで取るようにしています。


昔、バイクのタンクやサイドカバーにシールを貼る時は、ほこりがたたないように中性洗剤を水に溶かして、それを霧吹きで軽く吹いて作業をしていたもんですw

もちろん、シールを貼る部分にも中性洗剤を吹いてシールをゆっくりと空気がはいらないように貼っていきました。


それに比べると、液晶保護フィルムはシリコン製なので何度も着けたり剥がしたりをくりかえしても、大量にほこり等が付かない限り、粘着力は落ちないのでここまでする必要がなく、一発勝負でないので楽ですw


下の写真は、買い替え前のスマホで、私が行っている作業を擬似的に行ったものです。
※写真クリックで大きい画像が出ます

下準備
画像


液晶保護フィルムをゆっくりはがします
画像
※この方法を知らずに端を先のとがったものではがすと、フィルムに傷がついて密着しないようになるんですよね

ほこりをセロテープで取ります
画像


はい、きれいに貼れました
画像


以上で終了です(^-^)


スマホの液晶保護フィルムは薄くて曲がりやすいので注意が必要ですが、そのおかげで作業がしやすかったりします。

ノートPC位の大きさになると、少し分厚くてサイズも大きいので粘着力が高く、セロテープで後からはがすのに苦労しますので一発勝負のつもりで慎重にやらないと、後で少し後悔する結果になっちゃう時もあるんですよ。

と、言う事でした。

ではでは。


 ・ブログ 記事一覧
  ―こんな記事も読まれています―

この記事へのコメント

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング