ノートPCのHDDは静音性重視にしています

タイトル通り、私はノートPCのHDD(2.5インチ)は静音性重視でチョイスしています。

と言うのも、ベッド横の机にノートPCを置き寝転びながら操作をするという無精者なため、必然的にノートPCに耳が近づくので、HDDの音が気になり静音性にこだわっていますwww


HDDのプラッタの意味を知らなかった頃は、メーカーにより音が違うのかなと思っていたのですが、ディスク枚数が1枚(1プラッタ)であるものが静かなんだと知り、それから私のチョイスは

・プラッタ1枚
・回転数5400回転(回転数の違いも静音性に影響)

となりました。


静音性にこだわるならSDDではないかと思われるでしょうが、安くなったとはいえ、やはりHDDと比べるとSSDは高価で、せめて500GBはほしいと思う私にとって、その価格は天文学的に思えてしまいますw


今、使用しているノートPC“ThinkPad T440p”には、東芝製の“MQ01ABD050”を載せています。

もともと、“T440p”には、WD製の“WD5000LPVX”が載っていて、【プラッタ1枚】【5400回転】をクリアしていたのですが、何かの拍子に「カチッカチッ」と音が頻繁にして気になり、前のノートPCで使用していた“MQ01ABD050”に変更した経緯があります。
画像


“MQ01ABD050”って、けっこう古いからモデルチェンジとかしてるかなと思って、調べたらまだ現役で売ってるんですね。


一応、HDDによる遅さは“T440p”購入時に“16GB マイクロ・ソリッド・ステート・ドライブ”を付けているので、これプラス“ExpressCache”で補っています。

以前は“ThinkPad T61”を使用していましたが、その頃は【eboostr】で補っていました。

私の体感としては、HDDだけでは遅さを感じますが、それを補う事さえすれば快適に思えます(^-^)

他にも、1プラッタによる恩恵としては複数枚のプラッタより処理が早い。5400回転を選ぶ事により、7200回転より省電力、しかし処理は遅い等の話はありますが、バランスを考えると【プラッタ1枚】【5400回転】かなと思います。

ただし、やはり今どき容量が500GBでは足りなくて、2TBのUSB3.0ポータブルHDDを接続しています。
もちろん、静音性を考えて。

また、ポータブルHDDの事は記事にしようと考えています。


それでは、ひとり言でした。ではでは。


ポータブルHDD関連記事:
周辺機器はI・O DATAでかためています ~エコ番人~

テーマ:生活 情報 PC Comment (0)
広告
 
広告


• サイト内検索


 ・ブログ 記事一覧
  ―こんな記事も読まれています―

この記事へのコメント

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング