ボジョレーヌーボー解禁をうだうだ考える ~意外な事実~

ボジョレーヌーボーの記事を書くにあたって、発音を軽く調べてみた。

ボジョレーヌーボー?ボージョレーヌーボー?いや、辞書の発音記号で見るとボジョレヌボらしい、でも読み方にこだわりはないらしい。



さて、ボジョレーヌーボーは、日付変更線の関係でフランスより日本の方が早く解禁する。

年々、昔ほどの盛り上がりはなくなったかなと思う。

しかし、初もの好きの日本人は今後も変わらず続けて飲むべきなのかも


日本で、初もので思い浮かぶものとしては“初ガツオ”があるが、味に関して言えばボジョレーヌーボーと微妙に違うと思う。
“初ガツオ”はさっぱりした味。“戻りガツオ”は脂がのった味。どちらもそれぞれおいしさがある。

一方、ボジョレーヌーボーの味は、作り方を知ればどんなものか想像できると思う。

そもそも、「ワインは熟成させるとおいしい」となんとなく聞きかじったことがあると思うが、

ボジョレーヌーボーは熟成期間も短く、飲みごろの期間も短い。


熟成期間が短い“早飲みワイン”と言われるものよりもっと短い。



まずいという訳ではないが、味を求めるならどうなんでしょうと思う作り方と思う。

そもそも、その年のブドウの出来をみるもののはずなので、初ものを粋に飲むという観点で考えればありでしょうけど。

且つ、日本に輸入して飲むのはどうなんでしょう?


地酒は現地で飲むのがうまいと聞く。理由は揺らさない方がおいしいかららしい。
でも、それは判る気がする。やっぱ現地で飲むとうまい。ワインもそうだと思う。



毎年、“ボジョレーヌーボー解禁”の報道があると、日本の盛り上がりについて、現地の人はどう思っているんだろう?いやじゃないのかな?と考えてしまう。


そんな事から、「わざわざ日本人が先に飲まんでも」と思っている。

今でもそれは変わらない。日本のボジョレーヌーボーの解禁日をせめて現地時間に合わせれば良いのにと思う。

まぁ、一般市民が、こんな事を言ってもしかたないが。


ちなみに、いろいろな記事を読む限り、

他国でもボジョレーヌーボーを輸入して飲むが、日本ほどは盛り上がっていないらしい。


私の友達に外人さんはいないので、記事の情報ばかりになるが、

生産者は日本人が飲む事を喜んでいるらしい。



日本へのボジョレーヌーボーの輸出量が他国に比べて段違い。


そりゃ、喜ぶわなぁ

何故かボジョレーヌーボーを飲む事は、現地の人に少し悪いなと思っていたが、それを読んで少しホッとした


なので、日本人の“初ものをありがたがる”思い・考えがあれば、このまま飲み続けてもいいかなと思う。
どうせやるなら、ハロウィンのように突き抜けてほしい。


関連記事:
ワインはロックでいただいています


 ・ブログ 記事一覧
  ―こんな記事も読まれています―

この記事へのコメント

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング