気になる…(きになるてん)

アクセスカウンタ

プロフィール・プライバシーポリシー

ほど良い情報をお届けしたいブログ

きになる…(きになるてん)

ブログテーマ | PC | グルメ | おすすめ | ひとりごと | ThinkPad | BABYMETAL | アニメ・マンガ |

zoom RSS ウェブリブログのアクセス解析 〜アクセス解析研究所〜

<<   作成日時 : 2015/11/18 07:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

兼ねてより、ウェブリブログで作成した私のブログのアクセス解析が出来ないものか試行錯誤してきましたが、“アクセス解析研究所”が良さ気ですね。

実におもしろいですよ(^−^)


ウェブリブログで“アクセス解析研究所”が使用できるか試して、実際使用した感想も、以下に書いておきます。


“アクセス解析研究所” でGoogle検索したらサイトが出てきますので、登録(メールを送り、後はメールの内容に従うだけ)して、その後“アクセス解析研究所” 画面の左側メニュー【解析タグ】をクリックし、「解析タグ(トラッキングコード)」をウェブリブログのサイドバーの「フリースペース」に貼り付けるだけ。

アクセス解析研究所 URL https://accaii.com/

--------------------
↑使用しだしてしばらく経ってから、これ以外にスマホ用のフリースペースにも必要な事に気がつきました。
失礼いたしました。
 2015/12/15に記事にしました→ウェブリブログのアクセス解析(スマホ編) 〜アクセス解析研究所〜
--------------------

サイドバーの「フリースペース」に貼り付ける方法は、前のバージョン(?)の“QLOOKアクセス解析”のHPに記載されていました。

ウェブリブログの場合、“フリースペース(メイン用)”及び“フリースペース3(サイド用)”に貼った場合は、“トップ、最新記事以外は翌日以降”に反映(ウェブリブログにはこう書いていますが反映する時間はまちまちですね)します。

“フリースペース(サイド用)”及び“フリースペース2(サイド用)”であれば、すぐに反応します。

アクセス解析研究所の解析タグについて書かれているページには、「解析精度を最も高めるためには “<body>タグの直後” が最も理想的な設置位置ということになります。」とあるので、ウェブリブログであればメインのフリースペース7(プレミアムオプション限定)に張り付けるのが理想なのでしょうか?
でも、私はサイドバーのフリースペースへの設置で活用させてもらっていますが、特に問題なく使用しています。


それともう一つ使用するに当たってはプログラムポリシー表記の用意が必要です。
アクセス解析研究所の利用規約に提示されています。
https://accaii.com/terms.html

先日なのですが、SmartScreen フィルター機能で、当ブログがブロックされていまして、その対応でプログラムポリシーの記載がブログに必要となり、その内容を調べる事で、開示の必要がある事を知りました。

ちなみにプライバシーポリシーはプロフィール画面に追加しました。
ブログ上部右(PC版ブログのみ)に、プロフィールのリンクを貼っていて、それをクリックすると画面が開きます。

プライバシーポリシーの内容については、web上で検索するとテンプレート等を用意してくれている方もいて、それを参考にさせていただきました。

※プライバシーポリシーについての内容は2016/07/27に追記しました。
参照:SmartScreen フィルター機能で当ブログがブロックされていました


それにしても、実にお手軽にブログの解析が行えます。

今までウェブリブログのレポート等を見て、何となく数が判っていたのに比べると明確に判ります。
・どこからアクセスしているのか(場所or同じブログ内の記事から)
・どの記事にアクセスしたのか
・アクセスしている時間
・ブログ内の何をクリックしたか
 等が判るのでおもしろいです。

“アクセス解析研究所”の前のバージョン(?)の“QLOOKアクセス解析”の無料版は解析できる1日あたりのページビュー数が5,000までだったので、そこは“アクセス解析研究所”も同じでしょうが、なかなか1日5,000までいかないって(-。-)y-゜゜゜

---------
2015/11/22追記

無料バージョンは
【アクセスの制限】
・最後のサインインから31日が経過すると、未使用のアカウントとして解析処理が自動的に停止。※有料プランはサインインのない時間が続いても停止しない
・アクセス数(ページビュー数とクリック数の和)が60分あたり20,000を超えると、過負荷からシステムを保護する目的で、その後の2時間だけ解析処理を停止。2時間が経過すると自動的に再開。※有料プランではその上限が100,000まで

【容量の制限】
・トレージのサイズは10.0MBでおよそ10,000件のセッションが保存できる容量。このサイズはクーポンを利用する(紹介される)か、あるいは利用される(紹介する)と増やすことが可能。※有料プランに契約すると大幅に拡大

との旨が書かれていました。

※上記の内容は変更されていた為、変更内容を後述しています。

また、この追記をした時点では有料プランはまだ利用出来ず、近日中に公開との事で本格稼働すると解析結果ページに広告が表示されるようですが、個人的には全然OK(^−^)


【表示される広告のサイズと位置】
後日、広告が管理画面で表示されるようになりましたが、“160x600”のバナーがそれぞれ画面両端の上部(左:1、右:2)に表示されるだけなので、まったく邪魔になりません。
※2016/03/10 現在は、“160x600”のバナーが画面両端の上部(左:2、右:2)・“728x90”のバナーが中央上部カレンダー下に設置されていますが、邪魔になるよううな配置ではありません。


これって思ったのですが、このツールの製作者側が儲ける方法として、ツール利用者の管理画面に“Google AdSense”の広告を貼り付けているというのは、素晴らしい発想ですね。

これによって、ブログに広告を表示させたり、ロゴマークを表示させたりする事なく、ブログ閲覧者には負担にならずにツール製作者側が儲かる仕組みを作ったのでしょう。

それに、利用者で広告がうっとおしいと思う人はお金を払って非表示にする・・・、ツール製作者側は抜け目がないですな。

----------


---------
2015/02/27に気が付いて訂正追記

既に有料プランが明確になった為か、上記のアクセスの制限・容量の制限について変更されていました。
引用元は“アクセス解析研究所”の“有料プラン”ページ
(おそらく使用しているユーザーしかみれないページだと思います)

以下、引用文:
無料プランをご利用の場合は60分あたりアクセス数(ページビュー数とクリック数の和)が50,000を超えると、過負荷からシステムを保護する目的で解析処理が停止されます。有料プランではその上限が500,000まで緩和されます。
解析処理が停止して3時間が経過すると、有料プランなら自動的に再開しますが、無料プランは再び解析結果ページが表示させるまで再開されません。停止中は解析タグが設置されたページにロゴマークが表示されます。
ただし例外としてヘビーブロガーはこの規制の対象外となり、解析処理が停止されることはありません。

無料プランをご利用の場合は、セッション数が10,000を超えると、解析結果が古いものから順に削除されます。ただしその数を超えなくても31日が経過した解析結果は削除されます。
有料プランではたとえ31日が経過しても、セッション数が規定数を超えるまでは解析結果は削除されません。
時間単位のアクセス数と除外アクセス数はプランやセッション数には関係なく、それぞれ56日、31日間分が保存されます。

※上記の文は2016/02/27に気付いて、引用元からこの記事にコピーペーストしています。以後変更となった場合はご了承ください。

---------

今のところ私のブログは、1日のアクセス数が多い時で100くらいw

無料版は容量等の制限がありますが、プレビューの数がしれている私のブログでは充分でしょう。


ウェブリブログの方、おススメですよ。

ここまで手軽な設定で充分な解析ができて、しかも無料って。


関連記事:
ウェブリブログのアクセス解析 〜Ptenjine・User Heat〜

広告
広告

テーマ

関連テーマ 一覧

• サイト内検索

ブログ 記事一覧

  ―こんな記事も読まれています―

パンチが効いていれば人気ブログランキング


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

コメントありがとうございます。

返答が必要なコメントのみ、ニックネーム“ブログ主”でコメントさせていただきます。

人気ブログランキング参加中よろしければ気が済むまで投票して下さい。

画像

ブログ “ 気になる… ” は

ほど良い情報をお届けしたい

見た目は子犬!頭脳はおっさん!

なブログ です(´・ω・)

広告


 • サイト内検索

ブログ 新着記事

 ―NEW!―
記事がお気に召せば
(^ω^`)ブログをご覧いただきありがとうございます
ブログ主:Takasui

ウェブリブログのアクセス解析 〜アクセス解析研究所〜 気になる…(きになるてん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる