室内アンテナ DUA-400の効果

家の地デジテレビのアンテナ環境は6年前に室内アンテナで構築したものだったので、同じく室内アンテナで性能の良いものが今はないかなと見直しを行いました。

WEBで見ていると、東芝の“DUA-400”のアンテナの利得が使用していた八木アンテナの“UwPA”より高い事を知り、価格も4千円台前半だったので購入し、入れ替えを行いました。

結果は満足いくものとなりました。


話は変わりますが、「アンテナと言えば八木アンテナでしょう」と思い八木アンテナで探そうとしましたが、日立に吸収されてたんですね。びっくり!


さて、以下が詳細になります。

今まで家の地デジテレビ(3台)の電波は、私の部屋に置いている室内アンテナ(八木アンテナ:UwPA)+ブースター(日本アンテナ:VB-33MU)から取っていました。
画像
しかし、この組み合わせで、雨の日に部屋で“PS3”の電源を入れると、サンテレビでブロックノイズが若干出ていました。

私の住む地域(大阪)では、サンテレビとテレビ大阪が見れるのですが、電波塔の位置が逆と言ってもいいくらいの方向にあり、アンテナの向きを調節してサンテレビのアンテナレベルを上げると、テレビ大阪が下がるという具合になっていたので、どちらも映る微妙な位置を探して配置していました。


そこで、WEBで比較的小型の室内アンテナで、アンテナの利得が高く、値段が安いアンテナがないものかと探し、東芝の“DUA-400”を見つけました。

アンテナの利得が高くなるのは良いですが、少し大きいイメージです。(奥行きと幅は小さくなりますが高さの為大きく感じます)

比較写真:前
画像

比較写真:後
画像
※前から写した写真は“UwPA”をだいぶ手前にしているので、“UwPA”が大きく見えますが、後ろ向きの写真は、ぴったりと合わせて撮ったので、“DUA-400”の大きさがイメージ出来ると思います。

■カタログ上の動作利得
・UwPA : 4~5dB
・DUA-400 : 6.5~7.8dB


■アンテナレベル比較
東芝液晶テレビ“22A2”のアンテナレベル表示機能で比較

【サンテレビ】
・48 → 51

UwPA
画像

DUA-400
画像


【テレビ大阪】
・47 → 54

UwPA
画像

DUA-400
画像


【MBS】念の為
・66 → 67

UwPA
画像

DUA-400
画像
※他の旧VHF局(方向:生駒山電波塔)も大きな向上はありませんでした。

“DUA-400”を、だいたいの位置に合わせただけで写真のような結果になったので、微調整をすればもっと良くなるかもしれませんが、この状態でも、概ねカタログスペック通りと言えるのではないでしょうか。


もし、“DUA-400”の購入を考えている方がいれば、ご参考まで(^-^)

手ごろなサイズとコストパフォーマンスの高さを考えるとオススメです。


----------
余談ですが、私の家では屋外に設置する指向性が強い物よりも、指向性がゆるい室内アンテナの方が良さそうです。

家は築50年以上の2階建て、たまたま家の周りは3階建てばかりで、屋根の上に指向性アンテナを設置しても、見通しが良いわけでもなく、室内アンテナの方が乱反射した電波も取り込んでいるんですかね。

このアンテナは屋外にも置けるモデルとしては小型で手軽なので、いつか、屋外の高い位置に置いてみてどうなるか試してみたいと思います。

テーマ:家電 商品紹介 おすすめ Comment (0)
広告
 
広告


• サイト内検索


 ・ブログ 記事一覧
  ―こんな記事も読まれています―

この記事へのコメント

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング