見やすいブログ ~フォントの話~

今回はフォントについて書きたいと思います。



今見て頂いているブログのフォントは“メイリオ”を使用しています。

とは言っても

比較するものがないと、どう違うのか判らないと思い、以下の簡単な資料を作成しました。


画像
※画像クリックで拡大

1.は、エクセルの標準フォントです。ウェブリブログもゴシックですね。


2.は、ワードの標準フォントです。


3.は、Vista時に開発されたもので、このブログでも採用しています。




3つの文は同じポイント(大きさ)です。エクセルのキャプチャなので若干字がぼけていますが、違いをお判りいただけると思います。

フォントを変更するだけで、これだけ変わります。特に数字は差がありますね。

もし、手元にカタログなどがあれば、手に取ってください。文字はどうですか?おそらく3.のような文字でしょう?
この方が柔らかい感じがするし読みやすいですもんね。

私も仕事柄、デジタル資料をよく作っていたのですが、昔は“丸ゴシック”っていうメイリオっぽいフォントを使っていました。



話は変わりますが、10数年前、私はオフィス全般の商品を取り扱う会社にいました。そこでは名刺も取り扱っていたのですが、お客様で数字のフォントをこだわっているいる方がいらっしゃいました。

特にその数字の中でも『6』にこだわりを持たれていました。

この記事に添付している資料の1.2.を見てもらいたいのですが、『6』の上の部分が丸いですよね。

メイリオは若干ましですが、この数字のサイズが小さくなり、名刺の電話番号に使われている事を想像してみてください。


このお客さまは会計士をされていまして、顧客は年配の方が多く、老眼の方は名刺の『6』を『8』と間違えられて電話をかけられる時があるので、フォントにこだわっているとの事でした。

確かに『6』の上の部分が斜めのラインになっているフォントがあるんです。言われるまで気づきませんでした。


ほんの少しの違いですが、細やかな心遣いです。


フォントの事、お判りいただけましたでしょうか?


もし、この記事に触発されてフォントを変えようと思われた方がいれば、お気を付け下さい。
添付の資料を見てもらえば解るとおり、横幅が変わってきます。


つまり、フォントを変更すると過去に作成した文面の文字位置がずれてしまいます。
顔文字なんて顔半分で改行になるかも。


そうなんですよね~、こういった事が、過去の取りきめを使い続けないといけない理由の一つなんですよ。

困ったもんです・・・



ではでは。



関連記事:
見やすいブログ ~幅・フォント変更(ウェブリブログ)~
見やすいブログ ~広告も大事でしょ?~
見やすいブログ ~CSS フォント一括変更~


 ・ブログ 記事一覧
  ―こんな記事も読まれています―

この記事へのコメント

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング