Windows Media Player 31回の不具合対応

これは便利と思い、10年以上使用していたフリーソフトがあった。

・某ランチャソフト
・某マウスジェスチャーソフト

この2つは大変お世話になり、現在もX200(WIN7 32bit環境)では使用させていただいている。
現在は、どちらもバージョンアップされていなくて残念だ。

某ランチャソフトは、カレンダー表示機能があり、今でも、カレンダーのiniに祝日を追加して使用させていただいているくらいだ。

しかし、残念ながらT440p(WIN7 64bit環境)では使用する事ができなかった。
いや、正確に言うとWIN7でも使用できるバージョンを用意してもらっていたのでソフトの機能は使用できていたが、私の環境では思わぬ落とし穴があった。

“DRMで保護されたファイルをWindows Media Player 12で31回再生すると、「Windows Media の失効および更新」「ファイルの再生中に Windows Media Player に問題が発生しました」というメッセージが出て、再起動を余儀なくされる”

これは苦戦した。

logicoolのマウスを使用し、setpointをインストールしていたので、それが原因かと思えたが、違っていて…

イベントビューアーにもそれらしいエラーログがなく、『何やねん!!』とハマったが、イベントビューアーの「セキュリティ」項目を確認すると“失敗の監査”が、ずっと出ていた。

『なんやこれ?』と思い、詳細を確認すると愛用しお世話になっていたフリーソフトの名前が出てきた。
アンインストールするとエラーは消えた…、うれしいと同時に悲しかった…。

私の家にはWIN7 64bit環境が、この1台しかなく、他のPCでも同様のエラーが発生するか解らないが、もし31回のエラーにハマっている方がいれば、手助けにと思い情報をアップさせていただく。

私は、どのソフトが原因でなっていたかではなく、私の場合『イベントビューアーの「セキュリティ」項目の確認で解決出来た。』という事を伝えたいので、ご理解の程よろしくお願いします。

しかし、64bitは微妙な癖がありますな。ヤダヤダ。

でも、この情報遅いやんなぁ。 Windows Media Playerのサポート終わる時に。

最後に私のX200では、元気に某ランチャソフト・某マウスジェスチャソフトが動いています(^-^)

ではでは。


テーマ:設定・PC関連トラブル・PC
テーマ:PC関連設定 PC PC関連トラブル Comment (0)
広告
 
広告


• サイト内検索


 ・ブログ 記事一覧
  ―こんな記事も読まれています―

この記事へのコメント

このブログへのお問い合わせ

ブログ名:
きになるてん
読者メッセージを送る
パンチが効いていれば人気ブログランキング